2015年08月11日

さて、夏休みです

まぁ、放置もいいところでございますが^^;

あいかわらず、暇さえあればフラフラと出歩いております。
7月の3連休には、「日帰り」で北海道行ってましたw
目的は全くの不発で終わりましたが、収穫はあったので
よしとしましょう。

↓収穫(笑)

室屋さんです。最近ハマりました。エアレース。
まぁ、さすがに追っかけに海外行く気力はないので、
国内のエアショーあれば追っかけてみようかなぁ。

ま、要するにミーハーで^^;

ミーハーといや、テニスの錦織選手も最近追っかけですね
(テレビでなw)
シティオープン優勝の瞬間はがっつり早起きして観ました。
次のロジャーズカップも幸い休み期間なので、夜更かし早起きOK(え?)
マスターズ優勝ぜひ行って欲しいもんです。

いろいろ、いろいろ行きたいとこやりたいこと山盛りあるのに
身動き取れなくてもやもや。
なのに、社内昇進試験受けちゃいました…
やっぱやめときゃよかったなーもう不合格確実だし…
(いや、推薦された以上受けないという選択肢はなかったんだが)
ヘタに受かってしまったら、また身動きとれないよう;

とかいいながら、予定はみっしりとな。
あー観艦式応募せな!!(ヲイ)

投稿者 fran : 00:31 | コメント (0)

2015年08月10日

蓮花の契りー出世花ー

高田郁:著者
ハルキ文庫

下落合にある墓寺・青泉寺で、亡くなった父が
弔われる姿に感銘をうけたお艶は「縁」という新しい名前を授かり、
「三昧(さんまい)聖(ひじり)」として湯灌場に立っていた。
ある日、桜花堂の仙太郎から、暫くのあいだ縁を
預かりたいとの申し出があった。
実母お香の居る桜花堂で暮らし、町娘として生きるのか、
三昧聖としての人生を全うするのか、岐路を迎えて縁は悩む。
おりしも文化四年、八月。
永代橋で大事故が起こり、縁もこれに巻き込まれる。
果たして、縁はどんな人生を選ぶのか。
複雑に絡まりあった母と子の運命は!?
感動の物語が堂々の完結!!

投稿者 fran : 00:24 | コメント (0)

2015年08月06日

魅入られた瞳-南青山骨董通り探偵社II

五十嵐貴久:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
正式に探偵社に入社した井上雅也。
だが、地味な仕事続きで不満気味。そんな折、
社長の金城から任されたのは、商社マンの
美しき妻・志津恵をクリニックへ送迎することだった。
渋々引き受けた雅也だったが、一目で彼女に魅了される。
着々と仕事を進める中、送迎車の消失や謎の男からの
暴行など予期せぬ事態が起こる。
探偵社の面々を待つ驚愕の真実とは!?
シリーズ待望の第二弾!

投稿者 fran : 00:21 | コメント (0)

2015年08月03日

南青山骨董通り探偵社

五十嵐貴久:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
大手企業に就職したものの、うだつの上がらない
日々に塞ぐ井上雅也。
ある日、南青山骨董通り探偵社の社長・金城から突然
話しかけられた。「探偵になる気はありませんか?」。
雅也は訝しみながらも体験入社をするが、
厄介な事件に関わることになり…。
個性的なメンバーの活躍が、軽快なテンポと極上の
サスペンスで繰り広げられる、ベストセラー作家の
新シリーズ始動!

投稿者 fran : 00:18 | コメント (0)

2015年07月29日

意次の妄-居眠り磐音江戸双紙49-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
天明八年七月、小梅村では坂崎磐音の嫡男空也が
木刀を手に、独り黙々と稽古に励む日々が続いていた。
そんな折り、尚武館道場を訪れた速水左近の口から
思いもよらぬことを告げられた盤音は、その知らせに
驚愕し言葉を失う。やがてその磐音のもとに、
小梅村から姿を消していた弥助から文が届き…。
超人気書き下ろし長編時代小説第四十九弾。

投稿者 fran : 00:15 | コメント (0)

2015年07月25日

ぼくたちのアリウープ

五十嵐貴久:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
憧れのバスケ部に入部届を出したジュンペー。
ところが、三年生が不祥事を起こして一年間対外試合禁止、
とばっちりを食った二年生はジュンペーら一年生の
練習参加を拒否する。諦め切れないジュンペーは、
「勝てば練習参加、負ければ退部」を賭けて、
二年生に試合を申し込む。
しかし試合に必要なメンバーが足りない!?
女子との練習試合でボロ負け!?いったいどうなるの??
高校バスケを舞台にした、青春スポーツ小説。

投稿者 fran : 00:12 | コメント (0)

2015年07月19日

いつかの少年-吉祥寺探偵物語-

五十嵐貴久:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
小学六年生になった息子の様子がおかしい。
どうも恋をしているらしい。
探偵である“おれ”が訊ねるとあっさり認めたが、
彼女は間もなくイギリスへ引っ越すという。
それでも告白するという息子に、おれは全力で
応援することを告げる。
一方、ある事件を通して知り合った老人から
「知り合いが振り込め詐欺に遭った。何とかしたいので手伝ってくれ」
との連絡が入る。
おれは話をきくため、カフェに向かった…。
東京・吉祥寺の町を探偵・川庄が今日も走る。
個性的な脇役も光る書き下ろし探偵ミステリー。

投稿者 fran : 00:09 | コメント (0)

2015年07月16日

六つの希望-吉祥寺探偵物語-

五十嵐貴久:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
いつものようにコンビニでアルバイトをしていると、
フルフェイスのヘルメットをかぶってゴルフバッグを
持った客が入ってくる。防犯上の理由からヘルメットを
取るようお願いする“おれ”に、客はゴルフバッグから
ライフルを取り出して言った。「今からこの店を占拠する」
―人質となった探偵・川庄。
不可思議な犯人たちの要求に、迫るタイムリミット。
ラストで思わず膝を打つ、書き下ろし探偵ミステリー。

投稿者 fran : 00:06 | コメント (0)

2015年07月11日

中の人などいない: @NHK広報のツイートはなぜユルい?

浅生鴨:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
お堅いNHKらしくない「だめキャラ」で、
公式ならぬ軟式と呼ばれて人気の@NHK_PR。
いまや企業広報の「お手本」と名高いNHK広報局のツ
イッターアカウントも、はじめはひとりの職員が
こっそりと始めた非公式なものだった。
ゆるいツイートに秘められた真意、炎上騒動、
そして東日本大震災の日―。
笑いと感動の舞台裏を初代担当者が明かす。
後日談「外の人になりました」収録。

投稿者 fran : 00:03 | コメント (0)

2015年07月05日

鋼の魂

仁木英之:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
過去を隠して孤児を育てる元「捜宝人」の宋格之。
父の命を奪った彼と生きる美しい紫蘭。
ささやかな希望が芽生えた町を、ある日、
皇帝の陰謀が襲った。
美少女仙人・僕僕先生と王弁は、鋼の手で
敵を滅ぼす伝説の神を求めて湖の底へ―。
シリーズ第6弾。

投稿者 fran : 23:59 | コメント (0)

2015年06月30日

新月譚

貫井徳郎:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
美貌と壮絶な作品世界で一世を風靡した作家、咲良怜花。
だが彼女は突如として筆を折った。
なぜ彼女は執筆をやめたのか。
彼女が隠し続けてきた秘密とは何か。
沈黙を破り、彼女は語り始める―
目立たない娘だった彼女を変貌させた、ある男との恋の顛末を。
恋愛の陶酔と地獄を活写し、読む者の呼吸を奪う大作。

投稿者 fran : 23:55 | コメント (0)

2015年06月22日

夜の国のクーパー

伊坂幸太郎:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
目を覚ますと見覚えのない土地の草叢で、蔓で縛られ、
身動きが取れなくなっていた。
仰向けの胸には灰色の猫が座っていて、
「ちょっと話を聞いてほしいんだけど」と声を出すものだから、
驚きが頭を突き抜けた。
「僕の住む国では、ばたばたといろんなことが起きた。
戦争が終わったんだ」猫は摩訶不思議な物語を語り始める―
これは猫と戦争、そして世界の秘密についてのおはなし。

投稿者 fran : 23:52 | コメント (0)

2015年06月15日

私と踊って

恩田陸:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
パーティ会場でぽつんとしていた私に、不思議な目をした
少女が突然声をかける。いつのまにか彼女に手をひかれ、
私は光の中で飛び跳ねていた。孤独だけれど、独りじゃないわ。
たとえ世界が終わろうと、ずっと私を見ていてくれる?
―稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフにした表題作ほか、
ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、
彩り豊かに味わい異なる19編の万華鏡。

投稿者 fran : 23:50 | コメント (0)

2015年06月10日

仙台ぐらし

伊坂幸太郎:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
タクシーが、見知らぬ知人が、ずうずうしい猫が、多すぎる。
タクシー運転手が嘆く不景気の元凶は何か、
喫茶店で執筆中にやたらと話しかけてくるおじさんは誰なのか、
どうすれば自分の庭に猫が糞をしなくなるか。
仙台に暮らす心配性の著者が、身の回りで起きた
ちょっとおかしな出来事を綴る。
2005年から2015年までに書き溜められたエッセイ集。
短篇小説「ブックモビール」も収録。

投稿者 fran : 23:42 | コメント (0)

2015年06月07日

オーダーメイド殺人クラブ

辻村深月:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
クラスで上位の「リア充」女子グループに属する
中学二年生の小林アン。死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、
些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。
家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、
冴えない「昆虫系」だが自分と似た美意識を感じる同級生の
男子・徳川に、自分自身の殺害を依頼する。
二人が「作る」事件の結末は―。
少年少女の痛切な心理を直木賞作家が丹念に描く、青春小説。

投稿者 fran : 23:47 | コメント (0)

2015年05月28日

スタート!

中山七里:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
映画製作は綺麗事では出来ない。莫大なカネがかかる。
口を出したがるヤツも多い。スケジュールはしじゅう変更になるし、
実力のある俳優にはクセがある。さらに、何者かの妨害も入れば、
事件も起こる。監督は、気難し屋の完璧主義者で、
しかも、半死半生の老いぼれだ。
それでも、今、撮り上がりつつある作品が、物凄い傑作になることは、
誰も、まったく疑っていなかった。
頑固一徹な天才監督と軽薄で無能なプロデューサー。
軽薄な二枚目スターとスキャンダルまみれのアイドル。
デビュー作にして大ヒット作『さよならドビュッシー』の映画化を控える著者が、
しがらみをモノともせずに、本気で映画業界のリアルに迫る、
熱血モノ作りエンタテインメント。

投稿者 fran : 23:36 | コメント (0)

2015年05月22日

途中の一歩(上・下)

雫井脩介:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
仕事一筋なのにヒットが出ない漫画家・覚本敬彦は、
独身仲間に説得されて結婚相手を探す合コンに打ち込んでいた。
社内恋愛に悩む担当編集者の綾子、不倫を終わらせたい
人気漫画家・優、婚活中のOL・奈留美との交流を経て、
本気じゃなかった彼にも恋の予感が到来。
繰り返しの毎日を変えてくれるたった一人の「誰か」を求めて
奮闘する六人の物語。

婚活に励む二十九歳のOL・奈留美は、合コンで会った
漫画家・覚本にデートをドタキャンされ続けているが諦めきれない。
一方、長年の不倫相手と別れた売れっ子漫画家・優は、
担当編集者に思わぬダメ出しをされ自信を失くしていた。
恋や仕事で新たな一歩を踏み出した彼らに、
最後のチャンスは訪れるのか?
偶然を運命に変えた人々を描く感動作。

投稿者 fran : 23:32 | コメント (0)

2015年05月14日

あなたに贈る×(キス)

近藤史恵:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
感染から数週間で確実に死にいたる病。
その驚異的なウイルスの感染ルートはただひとつ、唇を合わせること。
かつては愛情を示すとされたその行為は、現在は国際的に禁じられ、
封印されている。
ここは、外界から隔絶され、純潔を尊ぶ全寮制の学園、リセ・アルビュス。
平穏な学園生活は、一人の女生徒の死をきっかけに、一変した。
「彼女の死は、“あの病”によるものらしい」と、不穏な噂が駆け巡る。
不安と疑惑が増殖する中、あまりに謎めいた“犯人”探しが始まる―。

投稿者 fran : 23:26 | コメント (0)

2015年05月10日

スカル・ブレーカ

森博嗣:著者
中公文庫

「BOOK」データベースより
生きるとは負け続けること、死ぬとはもう負けぬこと―
侍同士の真剣勝負に出くわし、誤解から城に連行されたゼン。
彼を待っていたのは、思いもよらぬ「運命」だった。
旅を続けながらさらなる高みを目指す若き剣士は、
ついに師、そして自らの過去に迫る。

投稿者 fran : 23:24 | コメント (0)

2015年05月05日

ヴァン・ショーをあなたに

近藤史恵:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。
フランスの田舎で修業した変人シェフの三舟さんは、
実は客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。
田上家のスキレットはなぜすぐ錆びる?
ブイヤベース・ファンの女性客の正体は?
ミリアムおばあちゃんが夢のように美味しいヴァン・ショーを
作らなくなったわけは?
ェフの修業時代も知ることができる魅惑の一冊。

投稿者 fran : 23:20 | コメント (0)

2015年05月01日

ねころん

みゅうさま、やっとねころんに入ってくれましたあ!
買ってから半年以上無視されておりましたがw

でも、ほんとに気まぐれで。
あんまり好きじゃないみたい(涙)

投稿者 fran : 01:42 | コメント (0)

2015年04月27日

ニコニコ超会議初参戦

いきなりオタクなタイトルですw
別に超会議に興味があるわけではないのですが
今年は「あの」警視庁がブースを出す!ってんで、これは
見届けないとだめでしょ!!

・・・つーことで、全くブレておりません(笑)

まぁ、ヘリも行動展示もないけど。

自衛隊も毎年ブース出してることもあり、いっぺん行ってみるかと。

行ったのは1日目の土曜日で、2日目よりかは混雑はゆるかったらしいが
それでも人人人・・・すごかった・・・
朝早めに出て開場まで待つ方を選択したが、みなさん何時からきてます?
てなくらい、朝7時にはもうかなりな並び。
しかし、みなさんとてもお行儀がいいので、人混み嫌いな私は助かりました。
はっきり言って、通勤電車のオバハン&オッサン並びにクソガキの方が
よっぽどマナーわりーわ。

色々と独特の盛り上がりについていけないおばさんは、目的のグッズをげと、
一通り見て回り、一応フードコートで昼には早いけどな昼メシ済ませて
早々に退散しました^^;

メッセ全貸切なんだもんなぁ。すごいわぁネット世界。

今回のお目当て^^
知る人ぞ知るテワタサナイーヌ^^


投稿者 fran : 00:42 | コメント (0)

2015年04月25日

いちばん長い夜に

乃南アサ:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
前科持ちの刑務所仲間―それが芭子と綾香の関係だった。
“過去”に怯えながらも、東京の下町に居場所を見つけて、
ゆっくりと歩き始めた時、二人は自分たちの大きな
違いに気づき始める。人を殺めるとは何か。
人が生きていくとは何か。亡くなった人間が残すものとは何か。
そして、いつか、彼女たちの長い夜は明けるのだろうか?
受苦の時代に暮らす全ての日本人に贈る、感涙の大団円。

投稿者 fran : 01:28 | コメント (0)

2015年04月21日

セクメト

太田忠司:著者
中公文庫

「BOOK」データベースより
警視庁捜査一課のエリート刑事・和賀千蔭が追う
連続「殺人鬼」殺人事件。遺体は体の一部を抉られ、
さらに現場には必ず一人の女子高生が現れていた。
謎の言葉「わたしはセクメト」を残し消えた彼女の正体とは?
そして事件の裏に潜む、知ってはいけない巨大な闇とは!?
驚愕のハイブリッド警察小説シリーズ始動!!

投稿者 fran : 01:23 | コメント (0)

2015年04月18日

黄泉坂案内人

仁木英之:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
タクシードライバーの磐田速人は、ある日「入日村」に迷い込む。
そこは河童や天狗などの妖が闊歩する不思議な場所だった。
村で出会った少女・彩葉はこの村を、うつし世とあの世の
狭間に漂う存在なのだと言い、速人に仕事の手伝いを持ちかける。
それは黄泉の国まで続く長い坂を登りきれずにさまよう魂を、
坂の上へと導くこと。
元の世界に戻れない速人は、彩葉と共に魂を救う旅に出るのだが…。
心にしみる絶品ファンタジー!

投稿者 fran : 01:12 | コメント (0)

2015年04月14日

ゼロの迎撃

安生正:著者
宝島社文庫

「BOOK」データベースより
活発化した梅雨前線の影響で大雨が続く東京を、
謎のテロ組織が襲った。自衛隊統合情報部所属の
情報官・真下は、テロ組織を率いる人物の居場所を
突き止めるべく奔走する。敵の目的もわからず明確な
他国の侵略とも断定できない状態では、自衛隊の
治安出動はできない。
政府が大混乱に陥る中で首相がついに決断を下す―。
敵が狙う東京都市機能の弱点とは!?
日本を守るための死闘が始まった。

投稿者 fran : 01:04 | コメント (0)

2015年04月10日

ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜

三上延:著者
メディアワークス文庫

「BOOK」データベースより
太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。
ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今
度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。
署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。
本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。
四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。
それには二人の祖父母が関わっていた。
過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。
深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

投稿者 fran : 00:58 | コメント (0)

2015年04月07日

あい〜永遠に在り

高田郁:著者
ハルキ文庫

「BOOK」データベースより
上総の貧しい農村に生まれたあいは、
糸紡ぎの上手な愛らしい少女だった。
十八歳になったあいは、運命の糸に導かれるようにして、
ひとりの男と結ばれる。男の名は、関寛斎。
苦労の末に医師となった寛斎は、戊辰戦争で多くの命を救い、
栄達を約束される。しかし、彼は立身出世には目もくれず、
患者の為に医療の堤となって生きたいと願う。
あいはそんな夫を誰よりもよく理解し、寄り添い、支え抜く。
やがて二人は一大決心のもと北海道開拓の道へと踏み出すが…。
幕末から明治へと激動の時代を生きた夫婦の生涯を通じて、
愛すること、生きることの意味を問う感動の物語。

投稿者 fran : 00:50 | コメント (0)

2015年04月03日

盗まれた視線-吉祥寺探偵物語-

五十嵐貴久:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
いつものようにアルバイト先のコンビニに出かけようとしていると、
日本で一番会いたくない男、警視庁の工藤が訪ねてきた。
きれいな女子大生を連れていて、彼女を守ってくれと言う。
聞けば、ストーカー被害に遭っているらしい。
それなら放っておけないと、警護を引き受けた“おれ”。
怪しい男を見つけ、追跡するが…。
緊迫感とユーモアが溶け込んだ書き下ろし探偵ミステリー。
不器用だけど静かに熱い探偵・川庄の活躍と、ひとりの男の成長に注目!

投稿者 fran : 00:43 | コメント (0)

2015年03月29日

密室殺人ゲーム・マニアックス

歌野晶午:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
“頭狂人”“044APD”“axe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。
奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で仕掛ける
推理バトル。出題者は実際に密室殺人を行い、
トリックを解いてみろ、とチャットで挑発を繰り返す。
謎解きゲームに勝つため、それだけのために人を殺す
非情な連中の命運は、いつ尽きる!?

投稿者 fran : 00:31 | コメント (0)

2015年03月25日

ア・ソング・フォー・ユー

柴田よしき:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
新宿にある無認可保育園の園長・ハナちゃんこと
花咲慎一郎の副業は探偵だ。
十五年前に二回会ったきりの男性を探したり、
逃げたインコを見つけて欲しいなど、
一筋縄ではいかない依頼を受ける花咲の目の前に、
箱に入れられた赤ん坊が―。
弱き者をほうっておけない優しき探偵を描く人気シリーズ第4弾。

投稿者 fran : 00:24 | コメント (0)

2015年03月20日

相田家のグッドバイ

森博嗣:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
紀彦にとって相田家はごく普通の家庭だったが、
両親は変わっていた。母は整理収納に異常な情熱を傾け、
孤独を愛す建築家の父はそんな母に感心していた。
紀彦も結婚し子供ができる。やがて母が癌で亡くなり、
看取りのあと父も自ら入った施設で亡くなる。
家のあちこちに母が隠したヘソクリが出現し…。
限りなく私小説の姿を纏う告白の森ミステリィ。

投稿者 fran : 00:20 | コメント (0)

2015年03月17日

七色の毒

中山七里:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
中央自動車道を岐阜から新宿に向かっていた
高速バスが防護柵に激突。
1名が死亡、重軽傷者8名の大惨事となった。
運転していた小平がハンドル操作を誤ったとして逮捕されるも、
警視庁捜査一課の犬養は事故に不審を抱く。
死亡した多々良は、毎週末に新宿便を利用する際、
いつも同じ席に座っていた。
やがて小平と多々良の過去の関係が明らかになり…。(「赤い水」)
人間の悪意をえぐり出した、どんでん返し満載のミステリ集!

投稿者 fran : 00:13 | コメント (0)