« レインレイン・ボウ | メイン | 14才の母 »

2006年12月19日

ねこのばば

畠中恵:著者
新潮社

「BOOK」データベースより
犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な妖怪に守られながら、
今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれ
るは、お江戸を騒がす難事件の数々—
愛嬌たっぷり、愉快で不思議な人情妖怪推理帖。
名(迷?)脇キャラも新登場で、ますます賑わう「しゃばけ」シリーズ第三弾。

おなじみ「しゃばけ」シリーズの3作目。
今回は若だんなと同じように、妖たちを見ることのできる新キャラが
登場。幼い於りんちゃんがこれからどう関わってくるのか、楽しみ。

相変わらず仁吉と佐助は若だんなに大甘。
それなのに、「ちょっと放蕩息子もしなきゃねぇ」とグレ宣言して
黙って家を飛びだしちゃう、その真相は・・・『たまやたまや』

「帰ったら殺されちゃうの」迷子の女の子の口から飛び出した
物騒なひと言。堅実な材木問屋・中屋の外に知られたくない秘密とは?
・・・『花かんざし』
他、人間の怖さも思い知らされる『茶巾たまご』など、全5編。

佐助の過去の話にほろり。
そして、不味い菓子を作る事で有名(?)な栄吉の妹・お春ちゃんが
お嫁にいってしまいます。
幼い思い出がほんのり切なく・・・

ハズレのない作品故、読むのに疲れた本の口直しにいいと思って
とっておいたけど、読み出すととまらなくて、次作の「おまけのこ」
まで一気に読んじゃった(^^;
ほっとする本って分かってると罪ねー(ゲラ)

あ、ちなみに、借りました。つか、くれる、らしい(笑)

投稿者 fran : 2006年12月19日 23:24

コメント

コメントしてください




保存しますか?