« いつもの朝に(上・下) | メイン | 雪祭り »

2011年02月08日

姥捨ノ郷-居眠り磐音江戸双紙35-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
連日厳しい残暑に江戸が見舞われる頃、坂崎磐音、
おこんらは尾張名古屋城下の長屋で落ち着いた日々を
送っていた。折しも、磐音との稽古を望む武芸者が
藩道場に現れる。どうやら田沼の刺客らしいのだが…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、
著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第三十五弾。

投稿者 fran : 2011年02月08日 14:27

コメント

コメントしてください




保存しますか?