« 中間検査 | メイン | キッチンキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!! »

2014年03月31日

下町ロケット

池井戸潤:著者
小学館文庫

うらがきより
研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を
継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。
そんなある日、商売敵の大手メーカーから
理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、
資金繰りに窮する佃製作所。
創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する
巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有する
ある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。
だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。
男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!
第145回直木賞受賞作。

投稿者 fran : 2014年03月31日 00:12

コメント

コメントしてください




保存しますか?