« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月28日

ねじの回転―FEBRUARY MOMENT(上・下)

恩田陸:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
「不一致。再生を中断せよ。」
近未来の国連によって、もう一度歴史をなぞることになった2.26事件の首謀者たち。
彼らは国連の意図に反して、かつての昭和維新を成功させようとするが。
恩田陸渾身の歴史SF大作。

投稿者 fran : 21:27 | コメント (0)

2009年01月25日

いつか、虹の向こうへ

伊岡瞬:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
尾木遼平、46歳、元刑事。ある事件がきっかけで職も妻も失ってしまった彼は、
売りに出している家で、3人の居候と奇妙な同居生活を送っている。
そんな彼のところに、家出中の少女が新たな居候として転がり込んできた。
彼女は、皆を和ます陽気さと厄介ごとを併せて持ち込んでくれたのだった…。
優しくも悲しき負け犬たちが起こす、ひとつの奇蹟。
第25回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞、W受賞作。

投稿者 fran : 21:25 | コメント (0)

2009年01月23日

マイナス・ゼロ

広瀬正:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から
奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。
そして約束の日、約束の場所で彼が目にした不思議な機械―
それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。
時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?
失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺したタイムトラベル小説の金字塔。

投稿者 fran : 21:23 | コメント (0)

2009年01月22日

あわせ鏡に飛び込んで

井上夢人:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
幻の名作「あわせ鏡に飛び込んで」をはじめ、瞬間接着剤で男を
つなぎとめようとする女が出てくる「あなたをはなさない」、
全篇、悩み相談の手紙だけで構成されたクライムミステリー「書かれなかった手紙」
など、選りすぐりの10篇を収録。精緻に仕掛けられた“おとしあな”の恐怖と快感。

投稿者 fran : 21:21 | コメント (0)

2009年01月21日

いっちばん

畠中恵:著者
新潮社

「BOOK」データベースより
摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる
日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やら
お江戸を騒がす難事件。
お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、
厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。
大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。

投稿者 fran : 21:19 | コメント (0)

2009年01月20日

特殊防諜班 連続誘拐

今野敏:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件が相次いで発生した。
教祖たちは無事解放され、一様に何も覚えていない。
だが、雷光教団・東田夢妙斎の事件は違った。
真相を追う「首相の代理人」真田は、陰にある巨大な陰謀と
遥か古代から受け継がれた血の伝承を探しあてる。

投稿者 fran : 21:16 | コメント (0)

2009年01月19日

無明の闇-鬼籍通覧-

椹野道流:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
法医学者は、『法』に仕える。何人にも偏らず、また屈せず、
如何なるときにも中立を保ち、冷静にメスをふるわなければならない。
だが―もしもその精神を根底から揺さぶるような出来事があったとしたら…。
O医科大学法医学教室の名物新米・伊月崇。
医師国家試験の結果発表を待ちながら、解剖室で見た恐怖とは。

投稿者 fran : 21:13 | コメント (0)

2009年01月18日

紅薔薇伝綺-龍の黙示録-

篠田真由美:著者
祥伝社文庫

うらがきより
十三世紀中葉、異端カタリ派の牙城モンセギュールが陥落した日、
紅薔薇を抱いて少女が殉教した。十二年後、彼女は転生したというが、
それを確かめるため、龍緋比古と修道士セバスティアーノは時空を
さかのぼりイタリアの修道院へ。すると、そこで不可解な連続殺人が起き、
セバスティアーノが捕らわれの身に。
はたして真犯人は? 修道院に隠された秘密とは?

投稿者 fran : 21:08 | コメント (0)

2009年01月15日

巴之丞鹿の子-猿若町捕物帳-

近藤史恵:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
江戸で若い娘だけを狙った連続殺人が起こった。
南町奉行所同心の玉島千蔭は、殺された女が皆「巴之丞鹿の子」という
人気歌舞伎役者の名がついた帯揚げをしていたことを不審に思う。
そして、巴之丞の蔭に浮かぶ吉原の売れっ妓。
調べが進むなか新たな被害者が―。はたして真犯人は!?
大藪春彦賞作家・近藤史恵の時代ミステリー小説シリーズ第一作がついに復刊。

投稿者 fran : 21:04 | コメント (0)

2009年01月14日

もえない

森博嗣:著者
カドカワ・エンタテインメント

「BOOK」データベースより
クラスメートの杉山が死に、僕の名前を彫り込んだプレートを遺していった。
古い手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」
という伝言が。しかし、その山岸もまた死んでしまったらしい。
不可解な事件に否応なく巻き込まれてゆく僕は、ある時期から自分の記憶に曖昧な
部分があることに気づき始める。そして今度は、僕の目前で事件が―。

投稿者 fran : 21:01 | コメント (0)

2009年01月13日

Jの神話

乾くるみ:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
全寮制の名門女子高「純和福音女学院」を次々と怪事件が襲う。
一年生の由紀は塔から墜死し、生徒会長を務める美少女・真里亜は
「胎児なき流産」で失血死をとげる。背後に暗躍する謎の男「ジャック」とは何者か?
その正体を追う女探偵「黒猫」と新入生の優子にも魔手が迫る。
女に潜む“闇”を妖しく描く衝撃作。第四回メフィスト賞受賞。

投稿者 fran : 22:07 | コメント (0)

2009年01月11日

凍りのくじら

辻村深月:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が
失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族を
たったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた
一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ
癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。
家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。

投稿者 fran : 20:57 | コメント (0)

2009年01月10日

冥府神の産声

北森鴻:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
脳死臨調のリーダー、帝都大解剖学教室の吉井教授が刺殺された。
吉井と対立し、研究室を離れルポライターとなった相馬に刺殺事件の
取材依頼が舞い込む。相馬は、かつての同僚・九条までが吉井の元を
離れたことを知り、九条を探し、新宿の浮浪者街へ。
そこで見たものは“エビス”と呼ばれる九条、そして彼を慕う
トウトという不思議な少女であった。さらに九条が研究室時代に行なった
実験の謎、吉井が死に際にとった不可解な行動の謎も浮上、事件は脳医学の
闇の世界へと相馬を導く!!
先端医学が持つ禁断の領域とは!?
鮎川哲也賞受賞の気鋭が放つ、堂々の医学ハード・ミステリー。

投稿者 fran : 20:54 | コメント (0)

2009年01月08日

沼地のある森を抜けて

梨木香歩:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
はじまりは、「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、うめくのだ―
「ぬかどこ」に由来する奇妙な出来事に導かれ、久美は故郷の島、
森の沼地へと進み入る。そこで何が起きたのか。濃厚な緑の気息。
厚い苔に覆われ寄生植物が繁茂する生命みなぎる森。
久美が感じた命の秘密とは。光のように生まれ来る、すべての命に
仕込まれた可能性への夢。
連綿と続く命の繋がりを伝える長編小説。

投稿者 fran : 20:52 | コメント (0)

2009年01月07日

日暮らし(上・中・下)

宮部みゆき:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
浅草の似顔絵扇子絵師が殺された。
しかも素人とは思えない鮮やかな手口で。
「探索事は井筒様のお役目でしょう」―。
岡っ引きの政五郎の手下、おでこの悩み、植木職人佐吉夫婦の心、
煮売屋のお徳の商売敵。
本所深川のぼんくら同心・平四郎と超美形の甥っ子・弓之助が動き出す。
著者渾身の時代ミステリー。

投稿者 fran : 20:47 | コメント (0)

2009年01月06日

2005年のロケットボーイズ

五十嵐貴久:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
梶屋信介は都内の工業高校に通う17歳。ちょっとしたことから
人工衛星をつくることになった。といってもそんなの絶対ムリ!
なので仲間を集めたが、その仲間が揃いも揃って変わり者ばかりときた…。
―冴えない毎日を冴えない気持ちで送っていたおれたち。
でも、何かやらなきゃ何も変わらない。落ちこぼれ高校生たちが繰り広げる、
たっぷり笑えてちょっぴり泣ける青春小説。

投稿者 fran : 20:45 | コメント (0)

2009年01月05日

悪党たちは千里を走る

貫井徳郎:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
しょぼい仕事で日々を暮らすお人好しの詐欺師コンビ、高杉と園部。
ひょんなことから切れ者の美人同業者とチームを組むはめになり、
三人で一世一代の大仕事に挑戦する。それは誰も傷つかない、
とても人道的な犯罪計画だった。準備万端、すべての仕掛けは順調のはずだったが…
次ぎから次ぎにどんでん返しが!
息をつかせぬスピードとひねったプロット。
ユーモア・ミステリの傑作長編。

投稿者 fran : 20:40 | コメント (0)

2009年01月01日

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいしますm(_"_)m

今年の目標、、、なんにしよー、、、
とりあえずは、もっとここをマメに更新することかな(^^;
で、リニュ。
今年も無理そう(^^;

やっとかなきゃと思ってるのは歯医者。
幸いにというかヤバいかもというか、今仕事ないし(自爆)
ちょっと遅くまでやってる歯医者なら、徹底的に悪いとこ
治せるくらいには通えるかなと。
入れ歯なんて、やだからねぇ。
治しておかないと。虫歯も。

あとは、適当に(笑)
楽しく馬鹿やって笑って。
去年よりもっとたくさんの本を読んで。
もっとたくさんのすきなものを作って。
もっとたくさんの素敵なものに出会って。

あぁ!そうだ!!
壁紙全部はがして、壁に絵を描こう計画があったんだ。
いやね、猫の爪研ぎあとが、無惨なことになってて(苦笑)
壁紙買ってきて、一部張り替えたんだけど、いまいち。
だったら、もぅ、壁紙やめちゃえと。
コンクリむきだしになれば、爪も研げまい。
とはいえ、いまさら打ちっぱなしにはできないので、
いったんペンキで下地つくって。
誰か、絵かきたいひと、いる?(大笑)

結構でかい目標になったかも(笑)

ということで、どんな年になるやら。
みなさまそれぞれよい1年となりますように。


余談。
去年読んだ本、120冊くらいでした。
あげたレビューざっと数えて、レビューにあげてない
本もあるのでその辺足して、だいたいのとこ。
漫画も入れたら150冊は超えるだろうけど。

満足には足んないなあ。
もっともっと読みたい。
もっともっと読む時間欲しい。

そうだ。
今年読んだ本の一番、っていうのもやってみようかな。
できるだけ幅広く手を出すようにしてるつもりだから。
・・・保管場所つくらんと(そこからかい!・大笑)

投稿者 fran : 23:56 | コメント (2)