« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月18日

早いもので

1週間が経ちました。
そして、犠牲者の数はあの阪神を超えました。
原発は予断を許さず、円高は進み・・・
電力不足で通勤は一苦労。

イベントはことごとく中止になって行く中
案の定、楽しみにしてた東京モーターサイクルショーも
中止に。しょんぼり。
ま、無理矢理開催したところで、お目当てのものは
自粛されてしまうでしょうけど。
GW頃には少しは落ち着くかなぁ。落ち着いてて欲しいなぁ。

仙台の人にいわれたけど。
被災地を思っていろんな制約とか自粛とかしてくれるのは
うれしいけど、それよりも日常を取り戻して欲しい、と。
千葉だって津波被害はあるし、計画停電とか買い占めとか、
浦安の液状化とか異常な状態にあるわけで、東北の心配よりも
自分たちの心配もしなよ、って。
むしろ、TDLとか早く復興させて再開させて、楽しんで
その声が届く方が、励みになると思うんだけどなって。

そういわれたので、イベントの中止を悲しんでみましたw

まぁ、ここで嘆いていても、向こうには届かない。
義援金とか救援物資とか自分に出来うることをしたなら、
あとは、自分にストレスを必要以上にためるまで追い込む
ことはしなくていいと思います。
求められたら応えてあげればいい。
時々、どう?って気にかけてあげればいい。
過剰な気遣いは向こうにもストレス。

あ、野球?やるのはいいけど、草野球にしろ。
東京ドームで煌煌とやろうとするから批判されんじゃん。
そういう空気は読みなよね。

明日は放水するかな?
東電の隠蔽体質はどこの企業とも変わらないので、
怒ってもしょうがないからスルーしとくけど。
自衛隊、がんばれ。
そういや、消防庁の車両だけど操作は自衛隊なのかな?
つか、自衛隊消防もすごいと思うけど、消防庁のほうが
火と水のプロだし、ほんとに車両ハンパない種類
なんだから、もっと早くに召集待機させとけばよかったのにー
いや、被曝を考えたら、やっぱ気の毒か・・・
ともかく、がんばってください!

最近、枝野官房長官が記者会見ででてくると
なぜかほっとして和むのはなぜなんだろう(苦笑)

投稿者 fran : 23:53 | コメント (5)

2011年03月15日

非日常な日常

とりあえず、通常の2割程度とはいえ運行再開したので
今日は出勤出来ました。
タイミングもよく、5分オーバーしたけど会社に到着。

着いた瞬間「暗っ!」おはようより先に出ちまった(笑)
とにかく節電節電!
照明は全消し、エアコンもなし。薄暗く寒い中、窓からの
明かりで仕事の今日のテーマソングは蛍の光(大笑)
パソコンだけで相当電気食ってますからねうちは。
でも、情勢が気になるんで、マルチディスプレイの1台はCAD
1台はNHK-USTREAMつけっぱなし、つまりテレビみながら
仕事してましたです^^;

計画停電が第1グループで予定されていましたけど、結局
会社のあたりは回避。
近くの大きい交差点では警察官が待機してましたけど、
出番なし・・・
せめて、警察にはもっと早く言ってあげてよ。
それで人員割いたら、ほかの捜査や警邏系が手薄に
なっちゃうじゃん。

そういや、今日の帰り、西船橋駅がすごいことになってまして。
まぁ2割運行なんだから、しょーがないですね。
ホームが入場制限されてまして。並んでお待ち下さい、と
いうのに、ほんとにきちんとお行儀よく2列になって
大行列を作っていました。
たぶん、外国人からみたら、驚嘆の一場面。
あたしでさえ驚いた(笑)
テープとかの区切りないんだよ?でも、通行の邪魔に
ならないところで、きちんと折り返しているんだよ?
トイレに通じる隙間もきちんと確保してんだよ?
鉄道警察隊員と所轄らしき警官もいたけど、暇そうだった
くらいに、みんな整然とおとなしく。

もともと西船橋はその歴史からトラブルに対する耐性は
他の駅と比べるべくもなく、今や判断決断の早さは
ピカイチだとおもっちょりますが、ここまで統制がとれて
いるとは。。。客も慣れてるんだなぁこれが(笑)

時間もかかったし、ぎうぎうで大変だったけど、なんか
気持ちよく帰ってこられた。

で、今度は静岡で6強?富士山起きるよ?
津波に噴火に核爆発なんてシャレにならんから
この辺で終息希望なう。

投稿者 fran : 23:59 | コメント (2)

2011年03月14日

計画停電に振り回された一日

14日計画停電を行う予定です、って発表したの
13日の夜中よね・・・・・・・;
で、朝6時半から?どこが何時?!うちはどこ!!
夜中にそんな大騒ぎをメールでやりとりし、
いざ始まるか!と構えてたら、見送られ
二転三転する情報に振り回され、気持ちが疲れ果てた
一日でございました。。。orz

会社にいく電車は完全運休。
駅にシャッターが下りてんじゃ、どうしようもないわなあ。
ってことで、自宅待機の命令も正式にきたことだし、
まったり本でも読んでるかーと思ったんですけど、
だめだね。気になって。余震もしょっちゅうだから
そのたびテレビつけるし、つけたらつけたで新しい
報道とかあったりして見入っちゃうし。

一応買い物とか出てみましたが、まーみごとに何もない。

パン屋さんのパンなんて、焼き上がる側から争奪戦。
棚に乗せる暇もなく、店員さんが持ってる鉄板から
直取り状態。すごすぎ。

結局停電は一回もないままだったけど、明日もまた
これやるのかしら。
これでまた運休とか言ったら、渋滞覚悟で車でいくしか
ないかもしれん。ただでさえ2時間かかるのにー

でも、今日これだけ混乱させられた挙句、
結局停電しなくても大丈夫だったとかいうと、
明日あたりタカくくられちゃって、がしがし通常運行して、
ばっちゃり大停電で首都機能マヒ、ということに
なりかねないので、ちゃんと情報お願いします>東電さん

今日は早めに寝て、明日5時起きしよ。。。

投稿者 fran : 20:23 | コメント (0)

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震その2

まる二日たった本日夕方、ようやく仙台の人から
無事だよ!のメールが届きました!
よかった。。。怪我などもなく、みんな無事だそうです。

でも、津波に巻き込まれた地域や、原発の影響がある
地域に現場があったり、家や実家があったりする人も
いるので、そちらをすごく心配していました。

全ての安否確認がとれるのがいつになるかわかりませんけど
がんばってほしいと思います。
今あたしにできるのは募金することくらいだ・・・

さて、こちらにも徐々に影響が・・・
近所のスーパーから水・米・パンが消えました(^^;
米は昨日のうちに、親が30キロ玄米で確保(笑)
水は断水しないうちに、ためておこうと思います。
お風呂にもはっておこう。
猫の食料も確保してあるし。
M7以上の余震が起こる確率70%だしね。
何事もなければ、笑い飛ばせばいいだけの話。

しかし車も人もすごかったなぁ今日は。

電車復旧はしたみたいだけど、明日会社行けるかな。
ってか、行っても仕事にならんだろうけど。
片付け大変だろなー、、、

投稿者 fran : 21:05 | コメント (0)

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

まずは、亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。
そして、未だ、避難所で辛い思いをされている方、
津波などの被害を受けられた方に、お見舞いを申し
上げます。

もはや、いまさら言うまでもないこの大災害。
もぅ勘弁してよ!といいたくなるくらい
未曾有の被害状況が続々と。。。
津波の情報にこれほど怯えたのも初めてかも
しれない。
やっぱり、ナメているよなぁ。
自分だけは大丈夫、なんて錯覚は捨てなきゃ。

そんな被災地とは比べるべくもないところで
こんな風に記事うってたりするんですが。
ま、体験談だということで・・・

つづく

地震発生時、11日の14時46分は当然会社にいました。
小さな揺れから、「あ。地震だー」と、のんきな声を
あげ、どうせいつもの揺れ程度で終わるとタカをくくって
いたら、いつまでも収まるどころか、どんどん揺れは
激しくなってゆき・・・
立っていることも出来ず、机の上のパソコンは倒れ
書類やファイルの類いはすべて床に散乱してゆき
テーブルなどの位置もずれ、65インチのモニターは
倒れないながらも、こっちに迫ってくるし・・・
揺れがなんとか収まった時には、ちょっと腰抜かして
しまってました;;;
ちなみに、8階。だけど、ビルの特殊性ゆえ、
普通の9階にあたる高さになります。

それが2回。
正直、自社施工ビルながら、信頼してなかったので(爆)
脳裏に浮かんだのは、あのニュージーランドのCTVビル
でしたよ(苦笑)
まぁ、あそこは、地震がなくても崩れたかも(^^;

幸い、背の高い書類棚とか作ってなかったから
それほど酷いことにはならなかったけど、他の部署では
棚はがっつり固定されているけど、中身ぶちまけ
散乱しちゃったりとか、棚そのものが落ちてきたり
倒れたりとか、スプリンクラーが外れて水浸しに
なったりとか、だいぶ、悲惨なことに。

そして、その瞬間、思ったのは、
「今日は帰れないな」
でした。

なので、親に安否確認しようにもメールの返事は来ない
固定電話も通じない、にはかなり焦りました。
ようやく連絡がついたのは、4時間後。
絵文字てんこもりの、のんきなメールに殺意すら
覚えましたが(爆)
後に確認したら、地震発生直後にメール入れようと
したら入らなかったと。
親にもついったーやらせようか(苦笑)

で、まぁ、電車なんか動いてるわけないんで、そのまま
会社に籠城。
歩いて帰ることが出来ない、つまり帰宅難民な社員のうち
女性を優先に、会社が車を出してくれることに。
とはいえ、車も渋滞。
結局、一番遠くから通ってる私に車が回ってきたのは
23時過ぎでした。
でも、そこまで遅くなったせいか、方向がよかったのか
渋滞には全くハマらず、2時間、普通に車で行けばかかる
時間程度で家に帰ることができました。
運転手の方には感謝です。

そして、あれだけの被害を会社でうけてたので、自宅の
惨状をもぅ最悪想像して、ドアを開けたら。。。
あら???
なんで、こんなふつー???
無造作に置いてあったミニカーが床に落っこっていたくらいで
本棚もテレビもなにもかもが、無事でした。
えぇ、もちろん、猫たちも。
ちなみに、うちも自社施工のマンションです(自爆)
30年前だけどね(笑)ちょっとは信用してやるか(大笑)

もぅそのあとは、仙台の市内にある支店が心配で、
テレビつけっぱなし、ネット検索しまくりで
情報を探し、なんとか安否確認できないかと模索して
おりました。(結局、寝たのは朝方5時くらいだったかな)
まだ連絡は取れていません。
せんだって出張で訪れた街であり、知り合いもできた支店
だったので、すごく心配です。
津波にやられたとこではないから、携帯が通じないだけで
みんな無事だと信じていますけど。。。

そしてあれからまる一日たった
被災地の被害の規模は広がっていくばかり。。。

投稿者 fran : 23:04 | コメント (0)

2011年03月08日

制服捜査

佐々木譲:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた
大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。
十勝平野に所在する農村。ここでは重大犯罪など
起きない、はずだった。だが、町の荒廃を宿す幾つかの
事案に関わり、それが偽りであることを実感する。
やがて、川久保は、十三年前、夏祭の夜に起きた
少女失踪事件に、足を踏み入れてゆく―。
警察小説に新たな地平を拓いた連作集。

投稿者 fran : 15:30 | コメント (0)

2011年03月06日

今邑彩:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
引きこもっていた息子が、突然元気になった。
息子を苛めていた子が、転校するというのだが…
「カラス、なぜ鳴く」
かくれんぼが大好きだったみっちゃん。夏休みの
ある日、鬼になったみっちゃんは、いつまで待っても
姿をあらわさなかった。そして、古井戸から…
「鬼」
他、言葉にできない不安、ふとした胸騒ぎ、
じわじわと迫りくる恐怖など、日常に潜む奇妙な
世界を繊細に描く10編。ベスト短編集。

投稿者 fran : 15:24 | コメント (0)

2011年03月05日

いっぺんさん

朱川湊人:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
いっぺんしか願いを叶えない神様を探す少年と
その友人の奇跡を描く感動の表題作「いっぺんさん」、
田舎に帰った作家が海岸で出会った女の
因縁話「磯幽霊」とその後日譚「磯幽霊・それから」、
山奥の村で、ほのかに思いを寄せた女の子に起きた
出来事「八十八姫」など、じんわりと沁みる恐怖と
感動の九篇を収録。

投稿者 fran : 15:21 | コメント (0)

2011年03月02日

短劇

坂木司:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
懸賞で当たった映画の試写会で私が目にしたのは、
自分の行動が盗撮された映像だった。その後、
悪夢のような出来事が私を襲う…(「試写会」)
とある村に代々伝わる極秘の祭り。村の十七歳の
男女全員が集められて行われる、世にも恐ろしく
残酷な儀式とは?(「秘祭」)
ブラックな笑いと鮮やかなオチ。
新鮮やオドロキに満ちた、坂木司版「世にも奇妙な物語」

投稿者 fran : 15:17 | コメント (0)

2011年03月01日

ForYou

五十嵐貴久:著者
祥伝社文庫

「BOOK」データベースより
最愛の叔母が急逝した。映画雑誌の編集者である朝美は、
遺品整理で訪れた叔母の部屋で古びた日記帳を見つける。
そこには80年代、高校生だった叔母の青春が描かれていた。
読み進めていくうちに、朝美は叔母のある男の子への
想いを知る。
独身を貫き、「恋ならしている」そう言い続けた叔母の
生涯を懸けた恋とは。
涙なしには読めない、感動の純愛ミステリー。

投稿者 fran : 15:14 | コメント (0)