« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月25日

鬼龍

今野敏:著者
中公文庫

「BOOK」データベースより
高円寺のアパートでつましく暮らす青年・鬼龍浩一。
奈良に本宮をいただく鬼道衆の末裔として、
秘密裏に依頼される「亡者秡い」を請け負っている。
今回頼まれたテレビ局のお秡いも、そうした数ある
依頼の一つのはずだったが…
陰の気うずまく東京で浩一が挑む、最強の亡者とは!?
「秡師・鬼龍光一」の原点となる伝奇エンターテインメント。

投稿者 fran : 01:24 | コメント (0)

2011年05月20日

落下する花-月読-

太田忠司:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
月読―それは、人が亡くなると現れる“月導”に
込められた死者の最期の思いを読み取る特殊能力者だ。
投身自殺した女子大生の月導に残されていた殺人の告白。
それは若者たちの錯綜する思いが招いた悲劇だった―。
表題作など4篇収録。
月読・朔夜一心が活躍する傑作ファンタジック・ミステリー。

投稿者 fran : 22:52 | コメント (0)

2011年05月18日

カラット探偵事務所の事件簿1

乾くるみ:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
謎解きだけを専門に扱う探偵事務所に持ち込まれた
六つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!
メールのやりとりから夫の浮気をあぶり出す「卵消失事件」、
三つの和歌からお宝を掘り当てる「兎の暗号」、
差出人不明の手紙から父の居場所を見つけ出す
「別荘写真事件」など、『イニシエーション・ラブ』
『リピート』で大反響を巻き起こし、練達の愛好家を
唸らせつづける著者の連作短篇集、待望の文庫化。

投稿者 fran : 22:48 | コメント (0)

2011年05月17日

さよならドビュッシー

中山七里:著者
宝島社文庫

「BOOK」データベースより
ピアニストを目指す遥、16歳。
両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な
彼女の人生は、ある日突然終わりを迎える。
祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、
ただ一人生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を
負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けず
ピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を
目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な
出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。
『このミステリーがすごい!』大賞第8回(2010年)大賞受賞作。

投稿者 fran : 22:37 | コメント (0)

2011年05月15日

林の中の家

仁木悦子:著者
ポプラ文庫

「BOOK」データベースより
シャボテン・マニアの豪邸で留守を預かることに
なった仁木兄妹。深夜の電話で呼び出された二人は、
有名劇作家の自宅で起きた殺人事件に巻き込まれ―。
緻密に張り巡らされた伏線と鮮やかな推理、
マイペースな植物学者の兄と、好奇心旺盛な妹の
凸凹コンビが醸しだすユーモラスな雰囲気が、
絶妙にブレンドされた傑作長編ミステリ。
著者自らが本作を語った「悠久のむかしのはなし」も
特別収録し、待望の復刊。

投稿者 fran : 22:28 | コメント (0)

2011年05月13日

交換殺人には向かない夜

東川篤哉:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
不倫調査のため、使用人を装い山奥の邸に潜入した
私立探偵・鵜飼杜夫。ガールフレンドに誘われ、
彼女の友人の山荘を訪れた探偵の弟子・戸村流平。
寂れた商店街で起こった女性の刺殺事件の捜査を
おこなう刑事たち。無関係に見えた出来事の背後で、
交換殺人は密やかに進行していた…。
全編にちりばめられたギャグの裏に配された
鮮やかな伏線。傑作本格推理。

投稿者 fran : 22:22 | コメント (0)

2011年05月11日

紀伊ノ変-居眠り磐音江戸双紙36-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
新玉の紀伊領内が白一色に染まる頃、坂崎磐音、おこんらは
姥捨の郷に寄寓し和やかな日々を送っていた。
そんな折り、田沼意次によって幕府財政立て直しを図る命が
発せられ、高野山に眠る鉱脈にもその手が伸びようとしていた。
一方江戸では、磐音の書状が笹塚孫一を通じて品川柳次郎に
もたらされ…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし
長編時代小説第三十六弾。

投稿者 fran : 22:18 | コメント (0)

2011年05月09日

小夜しぐれ-みをつくし料理帖-

高田郁:著者
ハルキ文庫

「BOOK」データベースより
季節が春から夏へと移ろい始める卯月のある日。
日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、
澪の顔を見るなり泣き始めた。美緒の話によると、
伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために
縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を
寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。
果たして、美緒の縁談の相手とは!?
表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの
過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の
全四話を収録。恋の行方も大きな展開を見せる、
書き下ろし大好評シリーズ第五弾。

投稿者 fran : 22:13 | コメント (0)

2011年05月07日

美しきもの見し人は

篠田真由美:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
長崎県の北西部・生月島のさらの北西に浮かぶ
さいはての島・波手島。
この島に孤高のキリスト教文学者・蘭堂叡人が
修道院を模して建てた「館」がある。
叡人の養女にして著作権継承者・蘭堂キアラを筆頭に、
曲者ぞろいの女たちが、この島の数少ない住人のすべてだ―。
探偵である「私」はキアラの依頼を受け、
この館にやってきた。叡人の隠し子で唯一の遺産相続人を
名乗る青石羊子の嘘を証明するために。
羊子の正体とは?「昇天」したと伝えられる叡人の
死の真相とは?
謎と猜疑に満ちた館の重苦しい雰囲気を破るように、
ある朝、転落死体が発見される…。

投稿者 fran : 22:04 | コメント (0)

2011年05月02日

寒椿ゆれる-猿若町捕物帳-

近藤史恵:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
男前ながら堅物の同心・玉島千蔭。
今日もその周囲では事件が起こる。
美貌の花魁・梅が枝、若手人気女形・水木巴之丞らの
手も借りつつ、江戸を騒がす不可解な事件の解決にあたる。
今回は、女が苦手な千蔭に久しぶりに“兵”の
見合い相手が登場。
事件の行方、そして、千蔭の見合いの行方は…。
江戸が息づく傑作シリーズの猿若町捕物帳、
待望の第四弾が文庫化。

投稿者 fran : 22:00 | コメント (0)