« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月30日

英雄の書

宮部みゆき:著者
光文社カッパノベルス

「BOOK」データベースより
森崎友理子は小学生。中学生の兄・大樹が、
学校で同級生をナイフで刺し、そのまま逃走、
行方不明になった。友理子は兄が心配で、
彼のしたことが信じられなくて、途方に暮れる。
そんな彼女に、優しく語りかけてくる本があった。
本が言葉を話す!?それが、兄を救い出すべく、
彼女が旅立つ壮大な冒険のはじまりだった…。
なぜ私たちは、物語を紡ぐのか。英雄を求めるのか。
宮部みゆき、最大の問題作にして、究極の破戒作。

投稿者 fran : 01:17 | コメント (0)

2011年07月27日

胡蝶の失くし物

仁木英之:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
師弟より近く、恋人より遠い関係のまま、
ゆるゆると旅を続ける僕僕先生と王弁に怒涛の急展開!
なんと政府公認の精鋭刺客集団「胡蝶房」に、
先生暗殺の命が下されたのだ。送り込まれたのは、
猛毒を操る劉欣。しかし孤独なスナイパーの意外な過去が
明らかになり、僕僕一行は思わぬ局面へと歩を進めて…。
一方で薄妃の恋にとうとう決着?
大人気の中国冒険奇譚、波乱の第三弾。

投稿者 fran : 01:11 | コメント (0)

2011年07月25日

天と地の守り人(全3巻)

上橋菜穂子:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
【第一部 ロタ王国編】
大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい―
密かな依頼を受けバルサはかすかな手がかりを
追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。
刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、
ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。
そして、ゆるやかに巡り来る異界ナユグの春。
懸命に探索を続けるバルサは、チャグムを見つける
ことが出来るのか…。
大河物語最終章三部作、いよいよ開幕。

【第二部 カンバル王国編】
再び共に旅することになったバルサとチャグム。
かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、
苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。
バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。
すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。
そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまった
タンダが気づく異変の前兆―迫り来る危難のなか、
道を切り拓こうとする彼らの運命は。
狂瀾怒涛の第二部。

【第三部 新ヨゴ皇国編】
ロタとカンバルがうごいた!
北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還する
チャグムに父との対決の時が迫る。
緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に
探し求めるバルサ。
大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、
地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。
―十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章
『天と地の守り人』三部作、ついに完結。

投稿者 fran : 01:02 | コメント (0)

2011年07月19日

太陽の坐る場所

辻村深月:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、
人気女優となったキョウコのこと。
クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、
それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、
一人また一人と連絡を絶ってゆく。
あの頃の出来事が原因なのか…?
教室内の悪意や痛み、十年後の葛藤、挫折
そして希望を鮮やかに描く。

投稿者 fran : 00:58 | コメント (0)

2011年07月15日

賢者の贈り物

石持浅海:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
同期の女の子を呼んで開いた週末の鍋パーティー。
みんなを送り出した翌朝、部屋には、女物の靴が一足。
代わりにサンダルがなくなっていた!
―週明け出社しても、その間違いを言ってこないのはなぜ?
(「ガラスの靴」)。
10のwhy?本格の旗手の新たなたくらみ。

投稿者 fran : 00:53 | コメント (0)

2011年07月11日

巡査の休日

佐々木譲:著者
ハルキ文庫

あらすじ
強姦殺人犯のストーカー鎌田光也は村瀬香里の
アパートに侵入。警護に当たっていた小島百合巡査が
取り押さえ逮捕する。だが、鎌田は入院治療中に
脱走し行方不明となってしまっていた。
1年後、脅迫メールが村瀬香里へ届き、再び小島百合は
警護を命じられる。必死の探索にもかかわらず、
小島たちを嘲笑うかのように何度も送られてくる
無気味なメール。犯人はどこに潜んでいるのか? 
「笑う警官」、「警察庁から来た男」、「警官の紋章」に続く、
大ベストセラーの北海道警シリーズ、待望の第四弾!

投稿者 fran : 00:48 | コメント (0)

2011年07月08日

Jの少女たち

太田忠司:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
阿南さんは「人間は間違ってはいけないんだ」と
言いましたよね。でも、間違ってしまったら、
どうしたらいいのでしょうか?
俺はそのことについて、阿南さんと話したいんです―
三年前にわずかに会っただけの少年は、阿南に
そんな手紙を残して失踪した。阿南は私立探偵の
藤森涼子とともに少年の行方を追う。
鮮烈な余韻を残す著者の初期最高傑作、
ライフワーク・シリーズ第二弾。

投稿者 fran : 00:46 | コメント (0)

2011年07月05日

刑事失格

太田忠司:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
いなくなった飼犬捜し、蛇の捕獲、自転車置場に
たむろする少年たちに対する苦情の対応―
刑事を目指す青年巡査・阿南は、日常業務に
忙殺されながら、やがて管内で起きた興信所員
殺害事件の謎に直面する。
「人間は間違ってはいけない」を規範とする青年が
たどりついた悲しい真相とは?
ひとりの青年の不器用な足跡を描く太田忠司渾身の
ライフワーク・シリーズ、鮮烈なる第一弾。

投稿者 fran : 00:37 | コメント (0)

2011年07月02日

モップの精は深夜に現れる

近藤史恵:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
大介と結婚した掃除人キリコは、短期派遣の清掃の
仕事を始めた。ミニスカートにニーハイブーツの
掃除のプロは、オフィスに溜まった人間関係の澱も
死角も見逃さず、電器メーカーの子会社に編プロ、
モデル事務所の謎を鮮やかに解き明かす。
夫・大介が探偵役となる最後の謎は、キリコ自身。
読後感温かなミステリ。

投稿者 fran : 00:32 | コメント (0)