« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月25日

本日、サービスデー

朱川湊人:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
世界中の人間には、それぞれに一日だけ、
すべての願いが叶う日がある。
それが、サービスデー。
神様が与えてくれた、特別な一日。
本来は教えてもらえないその日を、思いがけず
知ることになったら。
直木賞作家の幸運を呼ぶ小説。

投稿者 fran : 21:56 | コメント (0)

2011年12月21日

暴雪圏

佐々木譲:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
最大瞬間風速32メートル。十勝平野が十年ぶりの
超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の
小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。
暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、
冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。
それぞれの事情を隠した逃亡者たちが辿りついた
ペンション・グリーンルーフで、恐怖の一夜の幕が開く。
すべての交通が遮断された町に、警察官は
川久保篤巡査部長のほかいない―。
超弩級の警察小説。

投稿者 fran : 21:53 | コメント (0)

2011年12月18日

千里伝

仁木英之:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
中国唐代。
外見は幼児のまま十八歳に成長した千里は、
天地を望みどおりに創り変えることができる
伝説の秘宝「五嶽真形図」を求めて旅に出る。
道連れは吐蕃王国の狩人・バソン、少林寺の
少年僧・絶海、そして謎の道士・趙帰真。
魔神・共工も襲いくる中、図を手にするのは
誰なのか!?
中国歴史ファンタジー。

投稿者 fran : 21:49 | コメント (0)

2011年12月15日

ビブリア古書堂の事件手帖2

三上延:著者
メディアワークス文庫

「BOOK」データベースより
鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。
その美しい女店主が帰ってきた。
だが、入院以前とは勝手が違うよう。
店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、
戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。
変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を
抱えて持ち込まれる本。
まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、
人の秘密、そして想いがこもっている。
青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは
優しく紐解いていき―。

投稿者 fran : 21:45 | コメント (0)

2011年12月10日

乱反射

貫井徳郎:著者
朝日文庫

「BOOK」データベースより
幼い命の死。報われぬ悲しみ。遺された家族は、
ただ慟哭するしかないのか?
良識派の主婦、怠慢な医師、深夜外来の常習者、
無気力な公務員、尊大な定年退職者。
複雑に絡み合うエゴイズムの果て、悲劇は起こった…。
罪さえ問えぬ人災の連鎖を暴く、全く新しい社会派
エンターテインメント。

投稿者 fran : 21:42 | コメント (0)

2011年12月05日

遮断-警視庁失踪課・高城賢吾-

堂場瞬一:著者
中公文庫

「BOOK」データベースより
厚労省高級官僚である六条舞の父親が失踪した。
事件性はないと思われたが、一億円の身代金要求が
届き様相は一変する。現金を用意して引き渡しに
挑むものの、あえなく失敗に終わる。
同時期にくせ者新メンバー田口はインド人技術者の
失踪事件を調べていた。
鍵は外国人労働者の就労斡旋なのか。
二つの事件の関係は。

投稿者 fran : 21:38 | コメント (0)