« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月25日

ギフト

日明恩:著者
双葉文庫

うらがきより
その少年に目が留まった理由は、ただ一つだった。
こぼれ落ちる涙を拭おうともせずに、
立ち尽くしていたからだ。
それもホラー映画の並ぶ棚の前で。しかも毎日。
ある事件がきっかけで、職を辞した元刑事の須賀原は、
死者が見えるという少年・明生と、ふとした縁で知り合った。
互いに人目を避けて生きてきた二人。
孤独な魂は惹かれ合い、手を結んだ。
須賀原と明生は、様々な事情でこの世に留まる死者たちの
未練と謎を解き明かしていく。

投稿者 fran : 22:35 | コメント (0)

2012年01月22日

先生と僕

坂木司:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
都会の猫は推理好き。田舎のネズミは…?―
ひょんなことから大学の推理小説研究会に入った
こわがりな僕は、これまたひょんなことから
ミステリ大好きの先生と知り合う。そんな2人が、
身のまわりにあるいろいろな「?」を解決すると同時に、
古今東西のミステリ作品を紹介していく連作短編集。
事件の真相に迫る名探偵は、あなたをミステリの
世界に導く名案内人。
巻末には仕掛けに満ちた素敵な「特別便」も収録。

投稿者 fran : 22:28 | コメント (0)

2012年01月19日

チャンネルファンタズモ

加藤実秋:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
あるトラブルに巻き込まれ、大手テレビ局を追われた
元エリート報道マン・百太郎が再就職したのは、
なんとオカルト番組専門放送局!?
元ヤンキーで筋金入りのオカルトマニア構成作家のミサ、
霊能黒猫・ヤマトと共に、都市伝説や未知生物、
幽霊屋敷を取材するハメに。
理解不能の現場にうんざりする百太郎だったが、
ある日取材先で過去のトラブルと繋がる事件に遭遇し…。
異色のハイテンション・ミステリ。

投稿者 fran : 22:26 | コメント (0)

2012年01月16日

東雲ノ空-居眠り磐音江戸双紙38-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
朝靄にけむる芒の原が秋の気配に包まれる頃、
江戸を間近に見る六郷の渡しに、坂崎磐音一行の
江戸入りを阻止せんと警備を固める田沼一派の姿があった。
折りしもそこに幼子を連れた旅の一行が姿を現し…。
長の旅に終止符を打ち、期する想い胸に両国橋に
立つ坂崎磐音、ここに新たな戦いの幕が開く!
超人気書き下ろし長編時代小説第三十八弾。

投稿者 fran : 22:22 | コメント (0)

2012年01月14日

出かけまくり♪

毎週毎週「寒い!!!!!」と分かってて寒風に晒されに
わざわざ出かけるfranです。
気がついたら1月も真ん中じゃないの。
1月はイベント目白押しで忙しいのよw

こんだけ寒い中何時間も、しかも下手すりゃ立ち通し、
よく風邪ひかないなぁと、我ながら呆れる。
まぁ、ウィルスさえもらわなきゃ、寒いくらいなら
大丈夫なのでしょう。
どうせ、なんとかは風邪ひかない、だし(自爆)

ということで。
イベントのひとつ、一斉放水三連発(笑)

松戸市消防局

春日部市消防本部

千葉市消防局

さて、この中で一番寒かったのはどこでしょう(笑)

投稿者 fran : 21:25 | コメント (0)

2012年01月12日

モップの魔女は呪文を知ってる

近藤史恵:著者
実業之日本社文庫

「BOOK」データベースより
深夜のスポーツクラブでひとり残った
スタッフの行動は―。
希少種の猫を入手するため、バイトを
かけもちする女子大生が―。
小児病棟に配属された新人看護師の前に
現れた“魔女”の正体は―?
妹を殺害してしまったアクセサリー通販会社社長は
進退きわまって―。
謎を洗いたてて事件をリフレッシュ!
女清掃人探偵掃査中。

投稿者 fran : 22:18 | コメント (0)

2012年01月09日

奇談蒐集家

太田忠司:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
“求む奇談!”新聞の片隅に載った募集広告を
目にして、「strawberry hill」を訪れた老若男女が
披露する不思議な体験談―
鏡の世界に住まう美しい姫君、パリの街角で出会った
若き魔術師、邪眼の少年と猫とともに、夜の町を巡る冒険…
謎と不思議に満ちた奇談に、蒐集家は無邪気に喜ぶが、
傍で耳を傾ける美貌の助手が口を開くや、奇談は一転、
種も仕掛けもある事件へと姿を変えてしまう。
夜ごと“魔法のお店”で繰り広げられる、安楽椅子探偵奇談。

投稿者 fran : 22:14 | コメント (0)

2012年01月07日

プラ・バロック

結城充考:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
雨の降りしきる港湾地区。
埋め立て地に置かれた冷凍コンテナから、
十四人の男女の凍死体が発見された!
睡眠薬を飲んだ上での集団自殺と判明するが、
それは始まりに過ぎなかった―。
機捜所属の女性刑事クロハは、想像を絶する
悪意が巣喰う、事件の深部へと迫っていく。
斬新な着想と圧倒的な構成力!
全選考委員の絶賛を浴びた、日本ミステリー
文学大賞新人賞受賞作。

投稿者 fran : 22:09 | コメント (0)

2012年01月05日

秘帖・源氏物語 翁-OKINA

夢枕獏:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
美貌の貴公子・光の君の妻である葵の上に、
妖しいものが取り憑く。六条御息所の生霊かと
思われたが、どうやらそれだけではないらしい。
並の陰陽師では歯がたたず、光の君はついに、
外法の陰陽師・蘆屋道満に調伏を依頼するが―。
「獣の首をした王が、黄金の盃で黄金の酒を
飲みながら哭いている―これ、なーんだ?」
葵の上に憑いたものが出したこの謎々は、
一体何を意味しているのか。
いまだかつてない源氏物語が、幕をあける。

投稿者 fran : 22:03 | コメント (0)

2012年01月01日

明けましておめでとうございます

更新頻度が下がりまくりで、一体どれほどの人が
みてるやら;;;なブログですが、今年もよろしく
お願い申し上げます。

せっかく撮ったイルミネーションもアプっときたいしなー
ということで、12月の枠に本と共にこっそり放り込む
かもしれません(^^;

とりあえず、撮りたてほやほや♪でも去年の撮り納め(笑)
な、スカイツリーライトアップ!
クリスマスにもやってましたね。

これはこれで、以後見られないものかもしれません。
大晦日から新年にかけて光るということで、人も結構多かったと
思います。(夜にしては、ですけど)
なかなか神秘的でした。
逆光時に出るフレアが出て、おぉぉ?!ちう感じでしたがw

新年も2日から出撃いたします。
2日の一日で、メインイベントの全部を回ろうという
無謀な計画を立てています。
とりあえずは5時起き・・・がんばれ、おれ(笑)

今年は、平和で元気に遊び回れる一年になりますよう。
新年早々震度4とか速報がありましたけどorz

投稿者 fran : 00:48 | コメント (0)