« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月29日

カラット探偵事務所の事件簿 2

乾くるみ:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
“あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします”
―閑古鳥の啼く「謎解き専門」の探偵事務所に
持ち込まれた七つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!
密室状態の事務所から盗まれたあるものを見つけ出す
「昇降機の密室」、駐車場の追突事件の真相を暴く「車は急に…」、
急死した父親が残した秘伝のたれのレシピを探す「一子相伝の味」
など、ミステリの名手による連作短篇集。
待望のシリーズ第二弾。

投稿者 fran : 21:18 | コメント (0)

2012年09月25日

胡蝶の鏡 -建築探偵桜井京介の事件簿-

篠田真由美:著者
講談社文庫

うらがきより
4年前、父親の反対を押し切ってヴェトナムに
嫁いだ四条彰子が、京介と深春に助けを求めてきた。
一家の長老、レ老人との軋轢がその理由だ。
なぜか日本人を嫌うレ老人。その原因は90年前の
事件にあるらしい。当時、レ家に寄宿していた
日本人青年が謎の死を遂げ、直後に令嬢が出奔。
令嬢の弟で8歳だった少年は、愛する二人を同時に失い、
心に深い傷を負ったのだ。
歴史の波に翻弄されながら、レ家は命脈を保ってきたが、
レ老人の心から悲劇の記憶が離れることはなかった。
京介らはハノイに飛び、90年前の事件を解き明かそうとするが、
その目前で再び事件が起きた。
建築探偵桜井京介の事件簿、第3部開幕!

投稿者 fran : 21:01 | コメント (0)

2012年09月22日

時効廃止-署長刑事-

姉小路祐:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
「昔ついた嘘のバチがあたった」という言葉を残し、
建設作業員が転落死した。
天神祭のハイライト“船渡御”に沸く晩、今度は
大阪城外堀で警備会社専務の死体が見つかる。
十七年前のストーカー殺人との関連に気づいた
ベテラン刑事谷と古今堂は、時効廃止で動き出した
新たな犯罪を追う。

投稿者 fran : 21:04 | コメント (0)

2012年09月19日

絶望ノート

歌野晶午:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
いじめに遭っている中学2年の太刀川照音は、
その苦しみ、両親への不満を「絶望ノート」と
名づけた日記帳に書き連ねていた。そんな彼はある日、
校庭で人間の頭部大の石を見つけて持ち帰り、
それを自分にとっての“神”だと信じた。
神の名はオイネプギプト。
エスカレートするいじめに耐えきれず、彼は自らの血をもって
祈りを捧げ、いじめグループ中心人物の殺人を神に依頼した。
「オイネプギプト様、是永雄一郎を殺してください」
―はたして是永はあっけなく死んだ。
しかし、いじめはなお収まらない。照音は次々に名前を
日記帳に書きつけ神に祈り、そして級友は死んでいった。
不審に思った警察は両親と照音本人を取り調べるが、
さらに殺人は続く―。

投稿者 fran : 21:08 | コメント (0)

2012年09月15日

扉守 〜潮ノ道の旅人〜

光原百合:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
古い井戸から溢れだす水は“雁木亭”前の小路を水路に変え、
月光に照らされ小舟が漕ぎ来る。この町に戻れなかった魂は
懐かしき町と人を巡り夜明けに浄土へ旅立つ。
(「帰去来の井戸」)
瀬戸の海と山に囲まれた町でおこる小さな奇跡。
柔らかな方言や日本の情景に心温まる幻想的な七篇。
第一回広島本大賞受賞作。

投稿者 fran : 21:11 | コメント (0)

2012年09月09日

あるキング

伊坂幸太郎:著者
徳間文庫

「BOOK」データベースより
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである
両親のもとに生まれた山田王求。
“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた
一人の少年は、仙醍キングスに入団してチームを優勝に
導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。
期待以上に王求の才能が飛び抜けていると知った両親は、
さらに異常ともいえる情熱を彼にそそぐ。
すべては「王」になるために―。
人気作家の新たなるファンタジーワールド。

投稿者 fran : 21:14 | コメント (0)

2012年09月03日

さよならの空

朱川湊人:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
拡大を続けるオゾンホールを食い止めるため、
化学物質ウェアジゾンが開発された。
しかし、それは思わぬ副作用をもたらすことに。
散布した空で夕焼けの色が消えてしまうのだ。
開発者のテレサは八十数歳のアメリカ人女性科学者。
テレサは胸の奥に秘めたある想いを達するため日本へ向った。
日本に着いたテレサは小学校三年生のトモルと
キャラメルボーイと名乗る若者と数奇な運命で巡り合い、
最後の夕焼けのポイントへと向う。
オール読物推理小説新人賞、日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
彗星の如く現れた小説界の大本命・朱川湊人が贈る現代の寓話。

投稿者 fran : 21:16 | コメント (0)