« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月31日

風精の棲む場所

柴田よしき:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
京都・北山の奥深く、“地図にない村”へやって来た
ミステリ作家・浅間寺竜之介と愛犬・サスケ。
村祭りの奉納の舞を見てほしいという少女に誘われたのだ。
通し稽古の会場で、幻色の蝶を模した優美な舞に、
竜之介は圧倒される。その直後、衆人環視の密室の中、
舞手の少女の一人が胸を刺され、息絶えていた。
村の伝説と乙女たちの想い。
美しく、せつない本格ミステリ。

投稿者 fran : 20:33 | コメント (0)

2012年10月28日

棘のある樹

仁木悦子:著者
ポプラ文庫

「BOOK」データベースより
ミステリマニアの仁木雄太郎、悦子兄妹の下宿に、
ひとりの紳士が相談に訪れた。
このところ不可解な出来事に次々と見舞われ、
命を狙われているのではないかと脅えているらしい。
ふたりが調査に乗り出した矢先、紳士の妻が何者かに
絞殺されるという事件が起き…。
息もつかせぬ展開、二転三転する推理合戦の行方は?
「日本のクリスティ」と呼ばれた著者による好評シリーズ第四弾。

投稿者 fran : 20:35 | コメント (0)

2012年10月25日

春霞ノ乱-居眠り磐音江戸双紙40-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
柔らかな陽射しが船着場を照らし小梅村が春の気配に
包まれる頃、豊後関前藩の留守居役兼用人に就いた
中居半蔵より呼び出しを受けた坂崎磐音は、義弟の
遼次郎と霧子を伴い佃島へと向かっていた。
折りしも関前藩の新造帆船が佃島沖に到着し、
荷下ろしを行っていたが…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、超人気書き下ろし
長編時代小説第四十弾。

投稿者 fran : 20:38 | コメント (0)

2012年10月23日

厭な小説 文庫版

京極夏彦:著者
祥伝社文庫

うらがきより
「厭だ。厭だ。厭だ――」同期深谷の呪詛のような繰り言。
パワハラ部長亀井に対する愚痴を聞かされ、うんざりして
帰宅した“私"を出迎えたのは、見知らぬ子供だった。
巨大な顔。山羊のような瞳。左右に離れた眼。
見るからに不気味な子供がなぜ?
しかし、妻は自分たち以外に家には誰もいないと言う。
幻覚か? だが、それが悪夢の日々の始まりだった。
一読、後悔必至の怪作!

投稿者 fran : 20:42 | コメント (0)

2012年10月20日

元気でいてよ、R2-D2。

北村薫:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
平穏な日常は、他人の何気な言葉ひとつで、ざわつき始める。
夫と後輩女性が噂になっていると聞き、妻が駆け込んだ所は?
(「マスカット・グリーン」)
女同士の飲み会で、あっちこっち脱線しながら話すうち、
ふと蘇る切ない記憶
(「元気でいてよ、R2‐D2。」)
笑顔の裏の真意、言葉にできない負の感情など、
普段は隠している本音が顔を出す瞬間を、女性を主人公に
巧みに描く。傑作短編8編を収録。

投稿者 fran : 20:45 | コメント (0)

2012年10月17日

ツナグ

辻村深月:著者
新潮文庫

うらがきより
一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。
突然死したアイドルが心の支えだったOL、
年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、
親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、
失踪した婚約者を待ち続ける会社員……
ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。
それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、
何をもたらすのだろうか。
心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

投稿者 fran : 20:47 | コメント (0)

2012年10月14日

ロード&ゴー

日明恩:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
元暴走族の過去を持つ消防隊員、生田は、周囲も認める
ベテランの運転手。だが、二カ月前に異動してからは、
慣れない救急車のハンドルも握らなければならなくなった。
そんなある日、路上で倒れていた男を車内に収容したところ、
突然、その男、悠木がナイフを手に救急隊員のひとりを
人質にとる。同じ頃、警察とTV局に謎の男から犯行声明が入った。
男は、悠木の家族を人質にしていることと、悠木に爆弾を
持たせていることを告げ、二億円を要求する―。

投稿者 fran : 20:50 | コメント (0)

2012年10月10日

ST警視庁科学特捜班

今野敏:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
多様化する現代犯罪に対応するため新設された
警視庁科学特捜班、略称ST。
繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と
断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。
プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、
追い詰められた犯罪者の取った行動とは。
痛快無比エンタテインメントの真骨頂。

投稿者 fran : 20:52 | コメント (0)

2012年10月07日

再会

横関大:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃を
タイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。
23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件を
きっかけに再会する。わかっていることは一つだけ。
四人の中に、拳銃を掘り出した人間がいる。
繋がった過去と現在の事件の真相とは。
第56回江戸川乱歩賞受賞作。

投稿者 fran : 20:55 | コメント (0)

2012年10月02日

フリーター、家を買う。

有川浩:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
就職先を3カ月で辞めて以来、自堕落気侭に親の臑を
齧って暮らす“甘ったれ”25歳が、母親の病を機に一念発起。
バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、
奔走する。本当にやりたい仕事って?やり甲斐って?
自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の
再生を描く、愛と勇気と希望が結晶となったベストセラー長篇小説。

投稿者 fran : 20:57 | コメント (0)