« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月28日

魔女は蘇る

中山七里:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のような
バラバラ死体が発見された。被害者は現場近くにある
製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。
仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、
なぜ殺されなければならなかったのか?
埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、
桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる
薬物の存在を知る。それは数ヶ月前、少年達が次々に
凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。
事件の真相に迫るほど、押し隠してきた槙畑の心の傷が
えぐり出されていく。
過去の忌まわしい記憶を克服し、
槙畑は桐生を葬った犯人に辿り着けるのか。

投稿者 fran : 01:54 | コメント (0)

2013年09月23日

聖女の塔 -建築探偵桜井京介の事件簿-

篠田真由美:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
明治の教会が残る長崎県の無人島で、
女たちが火に焼かれて死んだ。
宗教的理由による集団自殺か、殺人なのか?
桜井京介は、事件性を疑う私立探偵に乞われ現地へ向かう。
その頃、蒼はカルト教団に入信した友人を救おうとしていた。
二人に迫る悪意の罠。狂気の炎が再び空を焦がす時、
京介は蒼を救えるのか!?

投稿者 fran : 01:43 | コメント (0)

2013年09月13日

ポリス猫DCの事件簿

若竹七海:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
三十人ほどの人間と百匹以上の猫がのん気に暮らす
通称「猫島」。島の臨時派出所の巡査・七瀬晃の相棒は、
丸顔で目つきの悪いでっかいドラ猫、DCだ。
個性的すぎる島民や困った観光客が引き起こす騒動に
てんてこまいの毎日。
そんな中には、大きな事件も隠されていて…。
お気楽だけど真面目な青年警官とポリス猫が、
意外な(?)活躍を見せる傑作コージー・ミステリ。

投稿者 fran : 01:41 | コメント (0)

2013年09月11日

舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵

歌野晶午:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
ゲームとダンスが大好きで、勉強と父親は嫌い。
生意気盛りの中学二年生・舞田ひとみが、
小学校時代の同級生・高梨愛美璃と再会したのは、
愛美璃が友人たちと、募金詐欺を繰り返す胡散臭い女を
尾行していた時だった。数日後、女は死体で発見されて―。
驚きのひらめきと無限の想像力で、ひとみは難事件に挑む!
14歳の少女たちの日常と、彼女たちの周りで起こる不
思議な事件をいきいきと描いた異色の本格ミステリ、
シリーズ第二弾。

投稿者 fran : 01:36 | コメント (0)

2013年09月05日

《完本》初ものがたり

宮部みゆき:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
文庫本未収録の三篇を加え、茂七親分の物語が
再び動き始めた!
茂七とは、手下の糸吉、権三とともに江戸の下町で
起こる難事件に立ち向かう岡っ引き。
謎の稲荷寿司屋、超能力をもつ拝み屋の少年など、
気になる登場人物も目白押し。
鰹、白魚、柿など季節を彩る「初もの」を
巧みに織り込んだ物語は、ときに妖しく、哀しく、
優しく艶やかに人々の心に忍び寄る。
ミヤベ・ワールド全開の人情捕物ばなし。

投稿者 fran : 01:29 | コメント (0)

2013年09月02日

銀河に口笛

朱川湊人:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
昭和40年代、太陽の歩みが今よりも遅くて、
1日が十分に長かったあの頃。小学3年生の僕らは
『ウルトラマリン隊』を結成して、身の周りに起こる
事件に挑んでいた。
ある日、僕らは空を走る奇妙な流れ星を目撃する。
UFOかもしれないと光を追いかけた先で、
不思議な力を持つ少年リンダに出会い―
それが、あの紅色の日々の始まりだった。
なつかしくて温かい、少年たちの成長物語。
文庫化にあたり最終章を書き下ろした完全版。

投稿者 fran : 01:23 | コメント (0)