« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月21日

交渉人・籠城

五十嵐貴久:著者
幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより
喫茶店の店主が客を監禁・篭城する事件が発生した。
交渉人に任命された遠野麻衣子に、篭城犯は
「テレビカメラを駐車場に入れ、事件を中継しろ」と要求する。
過去に犯人の幼い娘が少年によって惨殺された事件に
動機があると推察するが、麻衣子たちは要求の真意を
計りかねていた。そこへさらに突きつけられたのが、
警察としては決して呑めない前代未聞の要求だった。
解決策を探ろうと必死の交渉を続ける麻衣子の耳に、
いきなり女性の悲鳴が聞こえる―。

投稿者 fran : 23:36 | コメント (0)

2013年11月17日

金雀枝荘の殺人

今邑彩:著者
中公文庫

「BOOK」データベースより
完全に封印され「密室」状況となった館で起こった
一族六人殺しの真犯人は、いったい誰だったのか。
事件から一年後、真相を探るべく館にやってきた
兄弟たちは推理合戦を繰り広げる。
そして、また悲劇の幕が開いた…。
恐怖と幻想に満ちた本格ミステリー。
巻末に全著作リストを付す。

投稿者 fran : 23:31 | コメント (0)

2013年11月15日

思い出のとき修理します2

谷瑞恵:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
寂れた商店街の片隅に佇む、「おもいでの時修理します」
という不思議なプレートを飾った飯田時計店。
店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、
傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。
あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い―
家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら?
切なく温かく、心を癒す連作短編集、シリーズ第2弾。
文庫書き下ろし。

投稿者 fran : 01:28 | コメント (0)

2013年11月13日

マリアビートル

伊坂幸太郎:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に
復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。
狡猾な中学生「王子」。
腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。
ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―
物騒な奴らが再びやって来た。
『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
3年ぶりの書き下ろし長編。

投稿者 fran : 01:25 | コメント (0)

2013年11月10日

壱里島奇譚

梶尾真治
祥伝社文庫

「BOOK」データベースより
現代の科学では解明できない謎の商品“おもしろたわし”を
調査してほしい―。
商社マン・宮口翔一は常務からの特命を受けて、生産地の
天草諸島の壱里島へ飛んだ。しかし、その小さな島は
強力なパワースポットと化し、奇妙な現象が次々と起こっていた。
翔一は知り合ったオカルトライター・機敷埜風天とともに
“問題の地”信柄浦岳を目指すが…。
西の涯ての伝説の地で何が起こったのか?
感動と驚愕の癒し&奇跡系ファンタジー。

投稿者 fran : 01:21 | コメント (0)

2013年11月05日

ちょちょら

畠中恵:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
間野新之介は、兄の自刃を受けて、多々良木藩の江戸留守居役を引き継いだ。
先輩の留守居役たちにしごかれながら、幕府と藩の橋渡し役として、
接待や付け届け、情報戦に明け暮れる日々。
そんなとき新之介は、多大な負担を強いる「お手伝い普請」の情報を得る。
困窮する藩のため、何としてでもこれを逃れたい―。
兄の死の謎や思い人の運命に悩みつつ奔走する、若き藩士の痛快奮闘記。

投稿者 fran : 01:18 | コメント (0)

2013年11月02日

久しぶりに日記など

すっかり本のデータベースと化してしまった当ブログ、
すでに見ているひとも皆無かと思われますが。

まずは、にゃんこ近況。
ちゃーちゃんが天に召されてはや1年半過ぎ、
みゅうさまは元気に15歳になっていますが、やっぱり
歳は歳、トイレに粗相が多くなって、猫のケツを追いかけ
回しているこの頃です(^^;
でも、元気です。あと5年は確実に生きそうです(笑)
出来るだけ長生きして欲しいです。
もう、亡き旦那(未満)に関わるものはみゅうさましか
残っていません。

さて、現在の住まいを購入してもう13年が過ぎました。
もともと築20数年のマンションを中古購入です。
現在築30年超、購入前のリフォーム、引き渡し時の
リフォーム、水回りのプチリフォームを経て、いよいよ
目が瞑れなくなってきた室内の惨状に、全面リフォームを
決意いたしました。

トイレと洗面所はプチリフォームで終わってますので
ちょっと中途半端なスケルトンリフォームってなとこかな。

今回工事をお願いするのはパナソニックグループのリファインショップさん。
正式な契約も締結し、あとは着工を待つだけとなったところで
「ブログとか載せてもいいしょかね?」と聞いてみたら、
全然OKだと。
ということで、流れとか、工事状況とか、記録とっていけば
これもいいデータベースになるかな〜。
ということで、考え中〜
やるなら、なんとか三日坊主にならないようにしないと(^^;

あと、3Dパースとか、載せるかな。自分でも仕事サボって作ったもんねw

ま、その前に仮住まいに引っ越す準備が…(滝汗)

続く…かな?(爆)

投稿者 fran : 02:09 | コメント (0)