« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月31日

下町ロケット

池井戸潤:著者
小学館文庫

うらがきより
研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を
継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。
そんなある日、商売敵の大手メーカーから
理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、
資金繰りに窮する佃製作所。
創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する
巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有する
ある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。
だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。
男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!
第145回直木賞受賞作。

投稿者 fran : 00:12 | コメント (0)

2014年03月30日

中間検査

今日は中間検査やりました。
とはいえ、毎週のように覗きに行ってるし
それを知ってるリフォーム屋さんでもありますので
結構さっくり終わりましたw
気になってるとこは、もうさっさと質問できちゃいますからね。

収納〜
扉なしのOPENクローゼットにしてもらいました。

お風呂。
初めて見た!
と言ったら、なんかうれしそーだった店長w
あ、うちの営業担当は店長なのです。そして施工担当は
店長のお家も担当してるのです。お墨付き(^^)v

定点。
あんまり変わり映えはしないが、一応進捗してます。
風通し扉、変わるかもなー
(なんか注文?したのと違ってたラシイ?なぜ???)

しかし、どうも躯体のクオリティはいまいちで、
仕上げに影響が出てる感ばりばり(^^;
構造強度はクソ高くても、技術が試行錯誤だった
かつ、建築ラッシュで手抜きだったのがバレバレだぞおいw

ま、鉄筋抜かれる、コア抜きされる、よりはマシか(こら)

投稿者 fran : 00:38 | コメント (0)

2014年03月25日

夢違

恩田陸:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。
夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、
亡くなったはずの女の影に悩まされていた。
予知夢を見る女、結衣子。
俺は幽霊を視ているのだろうか?
そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。
各地の小学校で頻発する集団白昼夢。
狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、
そこにある符合を見出す。悪夢を変えることはできるのか。
夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものは―。
人は何処まで“視る”ことができるのか?
物語の地平を変える、恩田陸の新境地。

投稿者 fran : 00:07 | コメント (0)

2014年03月21日

1ヶ月半が過ぎました

おぉ?なんか家っぽくなってる!(大笑)


玄関の造り付け収納が出来ていました。
間仕切りはされていたとはいえ、今まで骨組みだけだったんで
ボードが入ってしっかり区切られると、家だ!みたいに
なるんですなぁ。
これは初めての経験(笑)

定点撮影w

こんな感じで、ドアや扉の建具枠が取り付けられて
おりました。

床も下地ベニヤと大差ない色の白っぽいフローリングなので
枠だけとはいえ、はっきりした色が入って、メリハリが出てきました。

来週は中間検査です。
いつもされてる側なので、する側は初めての経験ですww
それと同時に、下地工事は終わりを告げ、いよいよ設備機器設置
及び壁紙などの内装に突入します。

もぅほんとに、指折り数えて待つ状態w
早くかえりたーーーーい!!
もうこの狭い仮家いや〜〜〜〜〜 ←超贅沢と言われました…
まぁね、一人のくせに、2LDKを狭いとかね、ここに家族二人とか
三人とか暮らしてるのにね、、、とかどーでもいいし!

とにかく後一ヶ月弱の我慢!と自分に言い聞かせるこの頃…

そういえば、洗濯機買い替えたいのに、軒並み売り切れ入荷待ち。
次回入荷が4月中旬前後って、なんなのさね。。。

投稿者 fran : 01:06 | コメント (0)

2014年03月17日

警官の条件

佐々木譲:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
都内の麻薬取引ルートに、正体不明の勢力が参入している―。
裏社会の変化に後手に回った警視庁では、
若きエース安城和也警部も、潜入捜査中の刑事が
殺されるという失態の責任を問われていた。
折しも三顧の礼をもって復職が決まったのは、
九年前、悪徳警官の汚名を着せられ組織から
去った加賀谷仁。
復期早々、マニュアル化された捜査を嘲笑うかのように、
単独行で成果を上げるかつての上司に対して
和也の焦りは募ってゆくが…。

投稿者 fran : 00:03 | コメント (0)

2014年03月12日

闇の聖杯、光の剣〜北斗学園七不思議2〜

篠田真由美:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
秋の文化祭をひかえ、新聞部のアキ、ハル、タモツは、
新聞制作コンクールのための企画に頭を悩ませていた
。目下調査中の七不思議のひとつ「記念博物館の謎」も
なかなか進展がない。
そんな中、三人に奇妙なおまじないの話をした女生徒が
失踪した…。魔女、人狼、暗号、複雑怪奇な建物、
そしてドイツ第三帝国の秘密まで絡み出し、
彼らにさらなる危機が迫る!
謎が謎を呼ぶ、大好評学園ミステリー第二弾!

投稿者 fran : 00:00 | コメント (0)

2014年03月09日

まとめて

先週、いろいろバタバタでちゃんと写真撮りに行けてなく、
朝、出勤前に急いで撮ったから、暗いしボケてるしな写真しかなく
しかも、妙に仕事が忙しかったりで、なかなかアップできなかった。
なので、まとめて。

先週。
床の張り始めでした。

そして今日。
床が終わってる!
なんかもう、このまんまでもいい(笑)
そして、天井が低くなった…(苦笑)
(正確には二重床なので床がかさ上げされ、天井もボードが
張られたのでちょっと下がった、ということで。
部屋のど真ん中梁の圧迫感、っパねぇ〜〜〜苦笑)


さて。
正直、飽きておる(ヲイ)

いやね、私、施工部門なんすよ。
えーと、鉄筋組んで、コンクリ流して、って躯体が出来るまでの工程
ってんですか?そっちなんですよね、興味。

なので、ほんとにできちゃったものには興味ないんです。

今回、スケルトンになったことで、躯体が露わになって、30年前の
施工ということで、面白かったんですが、内装始まっちゃうとね〜〜

まぁ、自分ちなんで、興味ないとも言ってらんないので、きちんと
記録はしますが。

さて、次はキッチンがいつ入るかだな。

投稿者 fran : 23:18 | コメント (0)

2014年03月07日

偽装捜査官ー警視庁都民相談室 七曲風馬ー

姉小路祐:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
小劇団の人気俳優だった七曲風馬は、父親の病気をきっかけに、
警察官になることを決意する。神楽坂署に配属されて3年目。
突然の辞令により、東京都庁の地下に創設された
「都民相談室」に異動となる。そこにはシングルマザーの
浅川室長ほか、クセのある面子が揃っていた。
七曲は、老人詐欺の疑いがもたれている投資会社を
捜査することに。実態の見えない組織に対し、
かつて所属した劇団の協力のもと、黒幕を追い詰めていくが―。

投稿者 fran : 23:56 | コメント (0)

2014年03月03日

美雪晴れ-みをつくし料理帖-

高田郁:著者
ハルキ文庫

「BOOK」データベースより
名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。
悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、
漸く訪れた幸せの兆しだった。
しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。ど
うやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、
気持ちを固めているらしい―。
一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、
また料理人としての自らの行く末について、
懊悩する日々を送っていた…。
いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。
幸せの種を蒔く、第九弾。

投稿者 fran : 23:53 | コメント (0)