« 2014年07月 | メイン | 2014年09月 »

2014年08月16日

夏休みの工作

ということで、完成+*゚.ヾ(´∀`)ノ☆*+.゚

玄関の飾り棚となりました。

ただいま〜と、玄関開けたらこんな感じ☆

とりあえず、アリスを飾ってみるw

古いし食玩だし、だけどかなり気に入ってて、ぶっちゃけ
飾るところがなくなってしまったこいつのために
この棚を作ったようなものw

棚自体のデザインは、パクってますwww
海外の家具屋なのかな?
ネットで画像みて、いいなぁと思ったけど購入は無理そうだったので
自作しました。
テーマが木ということで、本家は緑なんですが。。。
塗るかなぁ。

こんな感じ?

それなら、ウォールデコと合わせて、もっと
遊んでもいいかもね。

投稿者 fran : 23:57 | コメント (0)

2014年08月15日

完成イメージ

昨日の木材。
こんな感じにしたい。イメージ図っす。

投稿者 fran : 23:52 | コメント (0)

2014年08月14日

なつやすみ

・・・もすでに後半戦ですが(^^;

こんなもんが積まれています。

さて、何になるや?
つか、夏休み中に出来るのか?!おれ?

色も塗るつもりだが、後かなぁ。。。

投稿者 fran : 00:53 | コメント (0)

2014年08月11日

天の梯-みをつくし料理帖-

高田郁:著者
ハルキ文庫

内容紹介
『食は、人の天なり』――医師・源斉の言葉に触れ、
料理人として自らの行く末に決意を固めた澪。
どのような料理人を目指し、どんな料理を
作り続けることを願うのか。
澪の心星は揺らぐことなく頭上に瞬いていた。
その一方で、吉原のあさひ太夫こと幼馴染みの
野江の身請けについて懊悩する日々。
四千両を捻出し、野江を身請けすることは叶うのか! ?
厚い雲を抜け、仰ぎ見る蒼天の美しさとは! ?
「みをつくし料理帖」シリーズ、堂々の完結。

投稿者 fran : 00:44 | コメント (0)

2014年08月07日

和菓子のアンソロジー

小川一水、木地雅映子、北村薫、近藤史恵、柴田よしき、
日明恩、恒川光太郎、畠中恵、牧野修、坂木司:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
「和菓子」をモチーフに、短編を一作書いていただけませんか
?読書家としても知られる『和菓子のアン』の著者・坂木司が、
今いちばん読みたい人気作家たちに執筆を依頼。
日常の謎を描くミステリーから、壮大な世界観を展開するSF、
心温まる優しい怪談まで、さまざまな読み味の作品が揃いました。
疲れたときに読みたくなる、宝箱のような一冊。

投稿者 fran : 00:41 | コメント (0)

2014年08月02日

掏摸(スリ)

中村文則:著者
河出文庫

「BOOK」データベースより
お前は、運命を信じるか?
東京を仕事場にする天才スリ師。
彼のターゲットはわかりやすい裕福者たち。
ある日、彼は「最悪」の男と再会する。
男の名は木崎―かつて一度だけ、仕事を共にしたことのある、
闇社会に生きる男。木崎はある仕事を依頼してきた。
「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。
もし逃げれば…最近、お前が親しくしている子供を殺す」
その瞬間、木崎は彼にとって、絶対的な運命の支配者となった。
悪の快感に溺れた芥川賞作家が、圧倒的な緊迫感と
ディティールで描く、著者最高傑作にして驚愕の話題作。

投稿者 fran : 00:37 | コメント (0)