« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月28日

やがて、警官は微睡る

日明恩:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
横浜みなとみらいに新規オープンしたホテル、
ハーヴェイ・インターナショナル横浜で立て篭もり
事件が発生した。犯人は謎の多国籍グループ。
20階のVIPフロアを急襲し、「取引」をしていた客たちに
ある要求を突きつける。周辺の携帯基地局も爆破され、
異常な事件の連続に大混乱に陥る警察。
非番でホテルに居合わせた警視庁蒲田署の刑事・武本は、
新人ホテルマンの西島とともに館内を逃げ回りながらも、
かつての上司で神奈川県警に所属する潮崎警視と連絡をとり、
孤独な戦いを開始する―

投稿者 fran : 16:56 | コメント (0)

2016年04月16日

あきない世傳金と銀〜源流篇〜

高田郁:著者
ハルキ文庫

「BOOK」データベースより
物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に
学者の子として生を受けた幸。父から「商は詐なり」と
教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、
齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ
出されることになる。
慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆で
ありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに
心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。
あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か―
大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、
商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!

投稿者 fran : 16:52 | コメント (0)

2016年04月13日

土蛍-猿若町捕物帳-

近藤史恵:著者
光文社時代小説文庫

「BOOK」データベースより
南町奉行所の定町廻り同心・玉島千蔭は、猿若町の中村座から
三階役者が首を吊ったと知らせを受ける。
早速かけつけた千蔭は、骸があった場所でその死に不審を抱く。
調べを進める千蔭の前に明らかになってきたのは、芝居の世界に
横たわる漆黒の「闇」だった(表題作「土蛍」)。
人気シリーズ、待望の第五弾は、珠玉の短編四編を収録。
読者を唸らせる時代推理小説の大傑作。

投稿者 fran : 16:49 | コメント (0)

2016年04月10日

宰領〜隠蔽捜査5

今野敏:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
衆議院議員が行方不明になっている、
伊丹刑事部長にそう告げられた。
牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で
運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。
発信地が神奈川県内という理由で、警視庁・神奈川県警に
合同捜査が決定。
指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。
反目する二組織、難航する筋読み。
解決の成否は竜崎に委ねられた!

投稿者 fran : 16:45 | コメント (0)

2016年04月02日

魔法の色を知っているか?

森博嗣:著者
講談社タイガ

「BOOK」データベースより
チベット、ナクチュ。外界から隔離された特別居住区。
ハギリは「人工生体技術に関するシンポジウム」に
出席するため、警護のウグイとアネバネと共にチベットを訪れ、
その地では今も人間の子供が生まれていることを知る。
生殖による人口増加が、限りなくゼロになった今、何故彼らは
人を産むことができるのか?
圧倒的な未来ヴィジョンに高揚する、知性が紡ぐ生命の物語。

投稿者 fran : 16:42 | コメント (0)

2016年04月01日

夜の底は柔らかな幻(上・下)

恩田陸:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
恩田ワールド全開のスペクタクル巨編!

国家権力すら及ばぬ治外法権の地である〈途鎖国〉。
ここには在色者と呼ばれる特殊能力を持った者が多く、
暗殺者を養成しているとも噂されている。
自身も在色者である有元実邦は、警察官という
身分を隠し、ある目的を持って途鎖国に密入国を企てる。
闇月といわれるこの時期、在色者たちは途鎖に君臨する
導師の地位をめぐって殺戮を繰り返し、またある者は
密かな目的を持って山深くを目指す。
密入国に成功した実邦だが、かつての実邦の婚約者で
入国管理官として強権を揮う葛城や、途鎖での同級生だったが
何かを隠している黒塚と再会する。
さらに実邦の指導者だった屋島風塵、葛城の旧友で快楽殺人者と
なった青柳淳一など、関係者がいっせいに闇月の山を目指しだす。
山の奥にひそむ導師の神山倖秀――実邦の元夫であり、
葛城、青柳とともに幼少期を過ごした殺人者――と、途鎖の山奥に
隠された〈宝〉をめぐって、彼らの闘いが始まる。

投稿者 fran : 16:37 | コメント (0)