« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月30日

追憶の夜想曲

中山七里:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
少年時代に凶悪事件を犯し、弁護は素性の悪い金持ち専門、
懲戒請求が後を絶たない不良弁護士・御子柴。
彼は誰も見向きもしない、身勝手な主婦の夫殺し控訴審の
弁護を奪い取る。御子柴が金目のない事件に関わる目的とは?
因縁の検事・岬恭平との対決は逆転に次ぐ逆転。
法廷ミステリーの最先端を行く衝撃作。

投稿者 fran : 19:45 | コメント (0)

2016年05月25日

ガソリン生活

伊坂幸太郎:著者
朝日文庫

「BOOK」データベースより
実のところ、日々、車同士は排出ガスの届く距離で
会話している。本作語り手デミオの持ち主・望月家は、
母兄姉弟の四人家族(ただし一番大人なのは弟)。
兄・良夫がある女性を愛車デミオに乗せた日から
物語は始まる。強面の芸能記者。不倫の噂。
脅迫と、いじめの影―?
大小の謎に、仲良し望月ファミリーは巻き込まれて、
さあ大変。凸凹コンビの望月兄弟が巻き込まれたのは
元女優とパパラッチの追走事故でした―。
謎がひしめく会心の長編ミステリーにして幸福感の
結晶たる、チャーミングな家族小説。

投稿者 fran : 19:42 | コメント (0)

2016年05月19日

キアズマ

近藤史恵:著者
新潮文庫

「BOOK」データベースより
ふとしたきっかけでメンバー不足の自転車部に入部した正樹。
たちまちロードレースの楽しさに目覚め、頭角を現す。
しかし、チームの勝利を意識しはじめ、エース櫻井と衝突、
中学時代の辛い記憶が蘇る。二度と誰かを傷つける
スポーツはしたくなかったのに―走る喜びに突き動かされ、
祈りをペダルにこめる。
自分のため、そして、助けられなかったアイツのために。
感動の青春長編。

投稿者 fran : 19:36 | コメント (0)

2016年05月11日

黄昏の旗

朱川湊人:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
切ない話、不思議な話、心あたたまる話―
現在から過去、未来、はたまた“物語”の中など、
さまざまな世界を舞台とした連作集。
国道四号線に突然現れたゾウに慌てる人々、
五年前に別れたときの姿のままの妻子の正体、
無愛想なジェフじいさんと皆に愛されるロボットとの
交流の行方、母が戻らないときにだけ開けるよう渡された
封筒の中身等、十五のショートストーリーが詰まった
「箱庭旅団」シリーズ第二弾

投稿者 fran : 19:31 | コメント (0)

2016年05月03日

旅立ノ朝-居眠り磐音江戸双紙51-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
雲ひとつない夏空の下、穏やかな豊後水道の波を切る
関前藩所蔵船豊後丸の船上に、坂崎磐音とその一家の
姿があった。病に倒れた父正睦を見舞うため、
十八年ぶりに関前の地を踏んだ磐音は、帰国早々国許に
燻ぶる新たな内紛の火種を目の当たりにする。
さらに領内で紅花栽培に心血を注ぐ奈緒の身にも…。
春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、
“剣あり、恋あり、涙あり”の書き下ろし長編時代小説第五十一弾。
平成の大ベストセラーシリーズ、ここに堂々完結!

投稿者 fran : 17:02 | コメント (0)

2016年05月02日

竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙50-

佐伯泰英:著者
双葉文庫

「BOOK」データベースより
梅香が漂い、霊峰富士を望む小梅村が柔らかな陽射しに
包まれる頃、尚武館坂崎道場では、晴れて入門を許された
空也をはじめ、多くの門弟衆が稽古三昧の日々を送っていた。
そんな折り、道場主坂崎磐音宛てに、遠州相良より
一通の書状が届く。時を同じくして、幕閣に返り咲いた
速水左近が下城の途次に磐音のもとを訪れ…。
超人気書き下ろし長編時代小説第五十弾。

投稿者 fran : 16:59 | コメント (0)