« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月22日

空飛ぶタイヤ

池井戸潤:著者
実業之日本社文庫

「BOOK」データベースより
トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、
通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は
「整備不良」なのか、それとも……。
自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者、被害者の家族など、
事故に関わった人それぞれの思惑と苦悩。
そして「容疑者」と目された運送会社の社長が、
家族・仲間とともに事故の真相に迫る。
オヤジの戦いに思わず胸が熱くなる!
直木賞候補となり、選考委員の高い評価を得た、
イッキ読みの圧倒的エンターテインメント巨編!

投稿者 fran : 19:57 | コメント (0)

2016年06月17日

ようこそ、我が家へ

池井戸潤:著者
小学館文庫

「BOOK」データベースより
真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、
駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から
倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。
花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。
さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。
執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、
一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に
不正の疑惑を抱いたことから窮地へと追い込まれていく。
直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編。

投稿者 fran : 19:54 | コメント (0)

2016年06月12日

ペテロの葬列(上・下)

宮部みゆき:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める
杉村三郎はある日、拳銃を持った老人による
バスジャックに遭遇。事件は3時間ほどであっけなく
解決したかに見えたのだが―。
しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!
事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の
本質に潜む闇が隠されていた!
あの杉村三郎が巻き込まれる最凶最悪の事件!?
息もつけない緊迫感の中、物語は二転三転、
そして驚愕のラストへ!
『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ待望の第3弾。

投稿者 fran : 19:51 | コメント (0)

2016年06月04日

雪月花黙示録

恩田陸:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
私は高校生の蘇芳。いとこの紫風(美形なうえに天才剣士!)が
当選確実の生徒会長選挙を控えたある日、選挙への
妨害行為が相次いだ。また派手好きで金持ちの道博の
仕業かと思ったら、「伝道者」を名乗る者が出現。
私たちの住む悠久のミヤコを何者かが狙っている!
謎×学園×ハイパーアクション。
ゴシック・ジャパンで展開する『夢違』『夜のピクニック』
以上の玉手箱!!

投稿者 fran : 19:48 | コメント (0)