« 2016年11月 | メイン | 2017年01月 »

2016年12月29日

ここはボツコニアン1〜5

宮部みゆき:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
“ボツネタ”が集まってできた、できそこないの世界
“ボツコニアン”。そこをより良い世界に創り変えるため、
「長靴の戦士」として選ばれた少年ピノと少女ピピ。
植木鉢の花の姿をした「世界のトリセツ」と共に二人は、
前代未聞・驚天動地・抱腹絶倒の冒険の旅に出る!
宮部みゆきの新境地、RPGファンタジー。

投稿者 fran : 00:24 | コメント (0)

2016年12月18日

猫は毒殺に関与しない

柴田よしき:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
誰が犯人だ!?桜川ひとみの自宅で開かれた鍋パーティ。
作家仲間である四方幸江を陰で中傷する人物を探り出す。
それが、ひとみに任された役割りだった。
だが、パーティ参加者の中に、大きな殺意を抱く者がいて…
(表題作)
いつもクールに謎を解く猫探偵正太郎が、生涯二度目の
恋をした!?(「正太郎、恋をする」)珠玉の三編を収録。

投稿者 fran : 00:20 | コメント (0)

2016年12月14日

こちら弁天通り ラッキーロード商店街

五十嵐貴久:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
借金に追われ、見知らぬ町に逃げ込んだ笠井武。
無人の寺に泊まり迎えた翌朝、やって来た老人たちは
なぜか彼を新しい住職と勘違い。寂れた商店街で夢も
希望もなく生きる町の住民は、誰しもがポックリ
逝かせてくれと請い願う。戸惑う笠井だったが、
彼らと生活を共にするなかで、何気なく口にした
思いつきが波紋を呼び…。
一気読み必至の痛快エンタテインメント!

投稿者 fran : 00:16 | コメント (0)

2016年12月04日

はるひのの、はる

加納朋子:著者
幻冬舎文庫

うらがきより
大きくなったユウスケの前に、「はるひ」という名の
女の子が現れる。初対面のはずなのに、なぜか妙に
親しげだ。
その後も「肝試しがしたい」「殺人の相談にのって」と
無理難題を押し付ける。だが、ただの気まぐれに思えた
彼女の頼み事は、全て「ある人」を守る為のものだった。
時を超えて明らかになる温かな真実。
ベストセラー「ささら」シリーズ最終巻。

投稿者 fran : 00:12 | コメント (0)