2017年01月30日

モップガール3

加藤実秋:著者
小学館文庫

「BOOK」データベースより
事件・事故現場を専門とする清掃会社で働く桃子は、
現場に遺された想いに感応する特殊能力の持ち主だ。
しかし、肝心である事件の真相まではわからない
という半端な能力のため、常に同僚達の協力が必要だった。
そんなある日、桃子は死んだ父親の想いに触れ、
完全な能力「素敵なサムシング」を手にする。
その能力を利用し、清掃業務に加え「失せ物探し」の
サービスをはじめたクリーニング宝船は業績絶好調。
役者志望の重男にもテレビ出演のチャンスが訪れる!
しかし、桃子と会社を襲う危機が着実に迫っていた。
笑って泣ける新感覚ミステリ、シリーズ堂々完結。

投稿者 fran : 00:41 | コメント (0)

2016年01月03日

クマ刑事

加藤実秋:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
日本中を震撼させた未解決事件の真相が!?―
雑貨のネットショップ運営の傍ら、あみぐるみの
クマに宿る殉職刑事・康雄と探偵業をおこなう和子は、
事件解決の手がかりを得て現場へ…
(「四十年目のセンチメント」)。
占いサイトのパーティで殺人事件に巻き込まれる「狂熱の果て」
占いサイトの核心に近づく和子たちに死の危機が迫る
「テディ・マドンナ」など四篇を収録したシリーズ第四弾!
文庫オリジナル。

投稿者 fran : 16:04 | コメント (0)

2015年12月03日

ロケットスカイ

加藤実秋:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
ある午後、「club indigo」に凶器を持った男たちが
押しかけてきた。2部ホストの酒井くんに恨みがある
らしいのだが、出勤してきたばかりのジョン太たちを人質に、
店内に立てこもってしまう。主力メンバーが動けない中、
仲間のミスを挽回すべく2部の若手ホスト達が
事態の収拾に当たるが…。など、全4話を収録。
そして今回、あの人気ホストに大きな決断のときが訪れ―。
波瀾万丈の第6巻!

投稿者 fran : 15:37 | コメント (0)

2015年10月02日

マイ・フェア・テディ

加藤実秋:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
市川に雑貨のネットショップ兼探偵事務所(所長はクマの
あみぐるみに宿った殉職刑事!)を開設した和子。
ネットショップは順調だが探偵業は低調続き…。
そこへ町内会会長が「イベントで使う着ぐるみを捜して」と
飛び込んでくる(「花宵日和」)。
その他、霊感商法のウラを探る「ホット・スキニー」、
調査中に出くわした連続放火事件を解決する「さまよう炎」など
四篇を収録。待望のシリーズ第三弾!

投稿者 fran : 15:17 | コメント (0)

2014年11月20日

モップガール2

加藤実秋:著者
小学館文庫

「BOOK」データベースより
事件・事故現場を専門とする清掃会社で
働き出した桃子は、現場に遺された想いに感応して、
超常現象に襲われてしまう面倒な特殊能力の持ち主だ。
今回も、交通事故現場で、正体不明のくすぐったさに
襲われたかと思えば、殺人の容疑で同僚が逮捕され、
会社は大揺れに揺れる。
やがて、桃子は自らの能力の秘密を知ることになる
事件に巻き込まれていくのだが…。
桃子は、そしてクリーニングサービス宝船の運命は!?
桃子の身におこった超常(?)現象を手がかりに、
個性豊かな同僚たちが、事件・事故の「謎」に挑んでいく。
笑って泣ける新感覚ミステリー、待望の続編刊行!!

投稿者 fran : 21:42 | コメント (0)

2014年07月09日

ブラックスローン

加藤実秋:著者
集英社文庫

「BOOK」データベースより
個性的なホストたちが人気を集める渋谷の
ホストクラブ「club indigo」。
常連客の真千子が殺され、指名されていたホスト・DJ本気が疑われる。
オーナーの晶とホストたちが事件を追ううち、
ネット上に「もう一つのindigo」が存在し、
真千子がそこを運営していたことが分かる。
ネットとリアルの両方から犯人探しを進める晶たちだが…。
大人気シリーズ最新作が文庫オリジナルで登場!

投稿者 fran : 00:18 | コメント (0)

2013年05月07日

風が吹けば

加藤実秋:著者
文春文庫

「BOOK」データベースより
EXILEとPerfumeが好きな今どきの高校生・健太は、
ひょんなことからタイムスリップ。
行き先は、ボンタン・ロンタイ、「金八先生」
「ハイティーン・ブギ」、松田聖子にチェッカーズ―
ちょっと懐かしい、あの時代だった。
少年たちのトラブルに巻き込まれ、恋にケンカにフル回転。
『インディゴの夜』の著者が放つ傑作長編。

投稿者 fran : 00:35 | コメント (0)

2013年01月06日

ご依頼は真昼のバーへ〜Barホロウの事件帳

加藤実秋:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
神楽坂の裏通り。
朝オープンするという怪しげなバーにいるのは、
魔女のようなママと、謎のイケメンバーテンダー・イズミ。
幼なじみの楓太にこのバーに連れてこられた就職浪人中の隼人は、
イズミにうまく丸め込まれ、なぜか素人探偵をすることに。
月夜小路の野良猫へのいたずら書きが頻発、犯人を捕まえて
欲しいというのだ。急に慌ただしくなる日常。だがふとした折、
ある“殺人”の記憶が、隼人の脳裡にフラッシュバックする―。

投稿者 fran : 22:13 | コメント (0)

2012年04月17日

Dカラーバケーション

加藤実秋:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
風営法の改正に合わせ、営業形態を変更させたclub indigo。
カジュアルなカフェ風の二部を設け、若手ホストが接客を
担当するようになる。他者に興味を持たないイマドキな
若手ホストはトラブルを運んでくるし、渋谷警察署の豆柴は
殺人事件に巻き込まれるし、開店以来一度も休んだことのない
憂夜が突然休暇を取れば厄介で大きな問題が巻き起こる―。
愛すべきホストクラブに集う、一風変わったホスト探偵団の
活躍を描く、シリーズ最高傑作登場。

投稿者 fran : 22:43 | コメント (0)

2012年04月02日

テディ・ゴー!

加藤実秋:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
下北沢の輸入雑貨店で再びアルバイトを始めた和子が
持ち帰ったぬいぐるみのカエルから、突然野太い声が
聞こえてきた。「よう。俺だよ!」。
心中偽装事件を解決し、成仏したはずのオヤジ刑事・康雄が、
「ポイント稼ぎのために戻ってきた」と言うのだ。
翌日、盗作事件に巻き込まれた和子は、身に潔白を証明するため、
“あみぐるみ刑事”と再びコンビを組んで、
捜査を開始することに…。待望のシリーズ第二弾。

投稿者 fran : 21:41 | コメント (0)

2012年01月19日

チャンネルファンタズモ

加藤実秋:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
あるトラブルに巻き込まれ、大手テレビ局を追われた
元エリート報道マン・百太郎が再就職したのは、
なんとオカルト番組専門放送局!?
元ヤンキーで筋金入りのオカルトマニア構成作家のミサ、
霊能黒猫・ヤマトと共に、都市伝説や未知生物、
幽霊屋敷を取材するハメに。
理解不能の現場にうんざりする百太郎だったが、
ある日取材先で過去のトラブルと繋がる事件に遭遇し…。
異色のハイテンション・ミステリ。

投稿者 fran : 22:26 | コメント (0)

2011年10月10日

ヨコハマB-side

加藤実秋:著者
光文社文庫

「BOOK」データベースより
街頭ティッシュ配り、カラオケボックスの店員、
見習い美容師、屋台のサンドイッチ屋にお笑い芸人の卵…
横浜駅西口繁華街・ビブレ前広場には、さまざまな人が
行き交い、出会う。ささいなトラブルは起きても、
刺激的で熱気に溢れた空間として愛されている。
近頃、“住人”たちが夢中なのは「パニッシャー」と
呼ばれるプチ・テロリストの噂。さらに、広場での
日常の根本を揺るがす大問題が勃発した…。
自分たちの居場所を守るため、若者たちが立ち上がる。
とびきりクールでちょっぴりトホホな若者たちが突っ走る…
いまが“旬”の青春群像ミステリー。

投稿者 fran : 15:01 | コメント (0)

2010年11月13日

アー・ユー・テディ?

加藤実秋:著者
PHP文芸文庫

「BOOK」データベースより
「ほっこり」を愛する和子は、お気に入りの
雑貨を並べたカフェを開くのが夢。
代官山のフリマでひと目惚れしたクマのあみぐるみを
買って帰ると、なんとクマには殉職した刑事の魂が
宿っていた!
事件の捜査中、崖から落ちて死んだのだという。
かわいいあみぐるみからオヤジ刑事の魂を追い出すため、
和子は、いやいや真相究明に乗り出す!
珍妙なコンビが軽快なテンポでお届けする
爽快エンタテインメント。

投稿者 fran : 00:03 | コメント (0)

2010年04月04日

ホワイトクロウ

加藤実秋:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
スタイリッシュで、個性的なホストが集うclub indigoは
オープン三年目を迎え、リニューアルを決定。
ある伝手で有名インテリアデザイナーに内装を依頼した。
改装工事の間、店は仮店舗で営業することになる。
そんなバタバタの中、ホスト達はそれぞれトラブルに見舞われて…。
ジョン太、アレックス、犬マンがプライベートで巻き込まれた
事件の顛末に加え、indigoリニューアルに絡む騒動まで勃発。
ますます快調なシリーズ第三弾。
ホスト探偵団は、今日も夜の街を駆け抜ける。

投稿者 fran : 23:36 | コメント (0)

2009年04月23日

モップガール

加藤実秋:著者
小学館文庫

「BOOK」データベースより
なんなのこの人たち?なんなのこの会社!?
高給優遇・初心者歓迎…求人広告に誘われて、フリーターの
桃子が就職した先は、事件・事故現場の後始末が専門の
掃除会社だった。そこで働くのは、超犬好きの社長を筆頭に、
売れない役者の重男、ギャルの未樹、イケメンだが無愛想な翔と、
変人ばかり。ようやく仕事にも慣れてきた桃子だったが、
ある事件現場の清掃中、フラッシュバックに襲われる。
個性豊かな清掃員達が、桃子に起こる超常現象を手がかりに、
事件や事故の謎に挑む日本初!お掃除サスペンス。

投稿者 fran : 01:21 | コメント (0)

2009年04月05日

チョコレートビースト

加藤実秋:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
深く蒼い夜の似合う街・渋谷。近頃女の子たちの話題を集めているのは、
一風変わったホストクラブ“club indigo”。
スタイリッシュで魅力的なホストが揃うこの店には、今日も厄介な
事件が持ち込まれる―。
連続ホスト襲撃事件、失踪した編集者、飲食店強盗、
ホストコンテストを巡る陰謀…ストリートで起こるさまざまな事件に、
indigoのホスト探偵団が挑む!
『インディゴの夜』でおなじみの個性豊かなホストたちが、
夜の街を軽やかに駆けめぐる新世代探偵小説。

投稿者 fran : 00:38 | コメント (0)

2008年09月05日

インディゴの夜

加藤実秋:著者
創元推理文庫

「BOOK」データベースより
「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が
接客してくれるホストクラブがあればいいのに」
—すべては女性ライター・高原晶が、大手出版社の編集者・塩谷に
漏らした何気ない一言から始まった。
謎めいた美形の敏腕マネージャー・憂夜の助力を得て、二人は
一風変わったホストクラブ“club indigo”を渋谷の片隅に開いたが、
順調な経営とはうらはらに常連の客が殺され、店のナンバーワンに
疑いがかかる。晶は個性豊かなホストの面々とともににわか探偵団を結成、
真犯人捜しに奔走する!
第十回創元推理短編賞受賞の表題作がシリーズ化。
スタイリッシュでウイットあふれる新世代探偵小説、ここに登場。

久々、当たったな、と、にやりとした1冊。

ホストクラブといっても、ちょっと変わってる。
働くホストたちも、なんか妙にずれてる。
こう、高嶺の花ってんじゃなくて、もっとその辺に転がってそうな(笑)
そして、さらに変わった経営者・晶のキャラクターが、非常に
うまくかみ合ってる。
一見陰湿な事件も、カラッと仕上げちゃう、いわゆる後味の良さは
なかなか評価できるかと。

えーっと、これがデビュー作でいいのかしら。
ともあれ、ちょっと次作が楽しみ。

投稿者 fran : 23:39 | コメント (0)