2014年06月18日

徹底抗戦-署長刑事-

姉小路祐:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
関西有数のファンド総帥・金倉盛一を、
インサイダー疑惑で内偵中の大阪地検特捜部。
摘発に向け、重要証人の警護にあたる古今堂だったが、
目の前で証人の男は忽然と姿を消し、謎の死を遂げる。
威信回復に焦る特捜部と、過失隠蔽を謀る府警に
反旗を翻した古今堂は、一人真相究明の戦いに挑む。
文庫書下ろし完結篇。

投稿者 fran : 02:06 | コメント (0)

2014年03月07日

偽装捜査官ー警視庁都民相談室 七曲風馬ー

姉小路祐:著者
角川文庫

「BOOK」データベースより
小劇団の人気俳優だった七曲風馬は、父親の病気をきっかけに、
警察官になることを決意する。神楽坂署に配属されて3年目。
突然の辞令により、東京都庁の地下に創設された
「都民相談室」に異動となる。そこにはシングルマザーの
浅川室長ほか、クセのある面子が揃っていた。
七曲は、老人詐欺の疑いがもたれている投資会社を
捜査することに。実態の見えない組織に対し、
かつて所属した劇団の協力のもと、黒幕を追い詰めていくが―。

投稿者 fran : 23:56 | コメント (0)

2013年05月01日

指名手配-署長刑事-

姉小路祐:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
セレブ相手を謳って躍進するミナミの高級美容院の娘が、
生徒会室で殺害される。
指名手配されたのは、同校定時制の男子生徒だった。
「殺したのは僕です」と自ら通報したあとも逃走を続ける
少年の態度に疑問を拭えない古今堂航平は、刻一刻と
身柄確保が迫る中、執念の捜査を開始する。
書下ろし警察小説第三弾。

投稿者 fran : 00:31 | コメント (0)

2013年02月11日

見当たり捜査25時

姉小路祐:著者
徳間文庫

「BOOK」データベースより
見当たり捜査とは、指名手配犯の顔写真を覚えて
繁華街の雑踏に立ち、いつ現れるともわからぬ犯人を
発見し逮捕することを任務とする。
ウラやんこと浦石大輔は大阪府警捜査共助課通天閣署分室
見当たり班に所属。“逃げ得は許さない”をモットーに、
捜査に励んでいる。
今回、熱海の老舗ホテルをめぐる殺人事件の被疑者を
心斎橋筋で見事逮捕。
しかし起訴後の裁判は意外な展開をみせる…。

投稿者 fran : 00:16 | コメント (0)

2012年09月22日

時効廃止-署長刑事-

姉小路祐:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
「昔ついた嘘のバチがあたった」という言葉を残し、
建設作業員が転落死した。
天神祭のハイライト“船渡御”に沸く晩、今度は
大阪城外堀で警備会社専務の死体が見つかる。
十七年前のストーカー殺人との関連に気づいた
ベテラン刑事谷と古今堂は、時効廃止で動き出した
新たな犯罪を追う。

投稿者 fran : 21:04 | コメント (0)

2012年08月15日

署長刑事 大阪中央署人情捜査録

姉小路祐:著者
講談社文庫

「BOOK」データベースより
“モサい”ながらも正義に燃える警察官僚・古今堂航平は、
弱冠29歳で大阪府警中央署署長に着任した。
その矢先、管内で警官による飲酒ひき逃げ事件が発生。
身内の失態を揉み消す記者会見に利用された古今堂は、
不信感を拭いきれず自ら孤独な捜査に踏み出す。
人情派キャリアを描く正統派警察小説。
文庫書下ろし。

投稿者 fran : 21:37 | コメント (0)